イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


タグ:camping ( 16 ) タグの人気記事
秋空のアラスカ Day6-3 夕日の贈り物



b0068732_203228100.jpg散策後も雨だったので、夕食は四阿で取った。前回テントを張る場所取りは心配無用と書いたが、四阿の場所取りはがんばった方がいいかもしれない。2カ所の四阿に4つずつ、計8つのテーブルがあるが、眺めが違う。一番いいテーブルからは、さえぎるものなく続く原野の向こうに4000メートルを軽く超える峰々が見渡せる、はずだ。6194メートルの主峰マッキンリーももちろん見えるだろうが、なにしろ雨雲で山裾だけしか見えず、どれか全くわからなかった。

b0068732_20321310.jpgわれわれは2番目にいいと思われるテーブルに陣取り、アルコール燃料と手に入った食品で精一杯のディナーを始めた。メインはしょっぱいホットドッグ用ソーセージのグリル・マッシュルーム添え、サイドはお湯を入れて作るカップマッシュポテト。それにもちろんアラスカンビール。寒かろうがこれは欠かせない。コーヒーとワシントン州産チェリーチョコのデザートも付けた。

b0068732_2032472.jpg9月と言えど秋分前のアラスカの日は長い。8時を過ぎてもまだ明るい。食べている間に雨が小やみになった。西の空がだんだん明るくなり、雲と地平の隙間からついに夕日が差した。見渡す原野一面の紅葉が赤く照らされ、その真ん中に虹が立っていた。このとき、四阿にいたキャンパーたちはみな虹を見ていた。カメラを持って走り回る人、じっと見つめる人、同行者と語り合う人。暗く沈んだ原野が急に色を取り戻したように、人々の表情も明るかった。峰々にかかった霧も少しだけ上がったようで、全ての頂上は見えないものの、夕日に照らされた雪の壁がピンクに染まっていた。誰かが指をさしてあれがマッキンリーだと話している。霧の中から気まぐれに頂上が現れないだろうか。一生懸命目を凝らしたけれど、やっぱりどの山かはわからない。

日が沈むと、また雨が降り出した。日暮れ前のあの1時間の晴れ間は、この日ワンダーレイクに泊まったキャンパーにとって、またとないプレゼントになった。
b0068732_2033748.jpg
Day6-2 | Day6-3 | Day7 | 資料編


Washy


[PR]
by flyingshack | 2005-09-09 20:21 | アメリカの旅
秋空のアラスカ Day6-2 憧れのキャンプ場



b0068732_15594429.jpgダートを走ること6時間。バスは終点ワンダーレイクに着いた。ここはキャンプ場以外何もないところ。バスが行ってしまうと、キャンパー数十人だけが無人の原野の真ん中に取り残されることになる。折から雨が降っていた。乗客たちは口数も少なく、それぞれテントを張る場所を求めて散っていった。

キャンプ場内には27のサイトがある。山ではないものの雰囲気は大雪山や知床の「テン場」のようで、高山植物の間の空き地にテントを張る。ただしそれぞれのサイトに立派なテーブルがあるのがアメリカ的。雨で全く役に立たなかったが。ロケーションは、さすが世界中のキャンパー憧れの地だけあってどこのサイトも申し分なく、それほど焦って場所取りする必要もない。そしてこれは使えるなと思ったのが、2カ所にある四阿のような建物。屋根の下にテーブルと熊対策の「ウォークイン食料庫」がある。おかげで、雨の中せまくるしいテントで炊事しないで済んだ。

b0068732_160457.jpgテントを張り、昼食を取ってしまうとあっという間に暇になった。普段のキャンプなら、おしゃべりしたり昼寝したりで夕食時になってしまうものだが、今回はそうはいかない。じっとしていれば寒い。屋根の外へ行くと濡れる。Docとわたしは散歩に行くことにした。他にも歩いている人がいたが、普通のパーカーだけ着て全身ずぶぬれになっていた。あれじゃ体が冷えたってストーブがあるわけじゃなし、服も干したって乾かないのに。いつも不思議なのだが、なんでアメリカ人はたいした雨対策をしないで平気なのだろう? 基礎代謝の違いか? モンゴロイドのわれわれは、ゴアテックスの雨具を上下着込んだ上、傘もさして歩いた。

b0068732_1602121.jpg前回のログで、野宿する人と自然の親密な関係が羨ましい、と書いたけれど、親密な関係というのはつまりこの雨や寒さだ。相手はわたしの肩を濡らし、手足を冷やしてくる。でもそんなイヤな面ともつきあわなければ、自然との一体感など得られるはずもない。歩くうち体が温まって雨が気にならなくなってきた。周囲は一面の紅葉である。しずくに濡れた植物が、それぞれ微妙に違う色調で赤いじゅうたんを織り上げている。小さな池にムースが一頭、わたしたちと同じ雨に濡れながら、水草を食べていた。 *この日の行動はDay6-3に続く

Day6-1 | Day6-2 | Day6-3 | 資料編

Washy


[PR]
by flyingshack | 2005-09-09 08:30 | アメリカの旅
秋空のアラスカ Day6-1 若者バス



b0068732_1352347.jpgカニ付き軟弱キャンプの翌朝、夜明けとともに起きたわれわれは、朝食も取らずにテントを撤収した。今日はバスに乗って奥地へと移動する。実は今晩泊まる予定のキャンプ場こそ本命で、そこが取れなかったのでしかたなく公園入口そばに泊まったのである。本命キャンプ場の名はワンダーレイク(Wander Lake)。公園の最奥にありマッキンリー山に最も近く、その雄姿が見える可能性が一番高いキャンプ場なのだ。

b0068732_1354029.jpgわれわれを運ぶのはキャンパー専用の緑色のバス。これで85マイル(137キロ)離れたワンダーレイクまで行く。一般車両は15マイル地点までしか入れないので、公園の奥地へ行くにはこの緑のバスか、ベージュのシャトルバス、あるいはガイド付きのツアーバスに乗るしかない。自然保護が全米のどこの国立公園よりも徹底している。同乗している客は、大部分が自分たちより若い層。これまでロッジでジジババに囲まれていたのがウソのようだ。ちなみにジジババはツアーバスの方に満載されていた。体力ある。

若者バスは聞こえてくる会話からしてワイルドだ。偶然アイデタロッド(Iditarod)という世界一有名な犬ぞりレースに出ているという女性が乗り合わせていた。これは凍り付いたアラスカの道なき道1800キロを10日ほどで走るという超過酷なレースで、犬ぞりファンでもなんでもないわたしでも知っている。思わず必死に聞き耳を立てていたら、「レース中、犬は1日10,000キロカロリー(記憶曖昧)を消費するので、肉を刻むだけでも大変。マッサージもしなきゃいけないし、犬は休めるけどマッシャーは寝る間もないのよ」とか「犬はアザラシの肉も食べるのよ」とか「ムースに出くわしたときは、みんな暴走して森に突っ込んで大変だった」とか話している。ちらっと見たら三つ編みのかわいい若くてきれいな人だった。すごい。さすがアラスカ。

b0068732_1361223.jpgさて、最深部への85マイルは決して高速道路ではない。ダートである。自転車で走ったら埃まみれになりそうな道だ。したがって1時間ちょっとで着くはずもない。所要時間はなんと6時間。退屈しそうだけれど、そんなことは全然ない。野生動物が現れるからだ。ドライバーが最初に見つけたのはムース。ムースはカナディアンロッキーで見たことがあるので、おっいたな、という程度で冷静に観察。しかし次にすぐグリズリー発見! かなり遠かったけれど、おお~という感じで身を乗り出して見た。北海道で山歩きをすれば熊出没注意の看板はしょっちゅう見るが、御本尊のヒグマ様には一度も会ったことがない。こんな簡単に見られるなんて、びっくりした。

b0068732_1364485.jpgしかもグリズリーはまた現れた。今度は親子で、すぐ近くだ。道に並行して、のんびり歩いている。「あっ、もう1頭来たぞ」。二人兄弟なんだねえ、とバスの中が盛り上がる。ところが、「またもう1頭!」 どうやら三人兄弟らしかった。最後に歩いてきた一頭は、お母さん、お兄さん(orお姉さん)と違って、小さくて毛並みが黒かった。今年生まれたばかりなんだろう。みんなに置いて行かれながら、植物を引っぺがして何か一所懸命にほじくっている子グマもいる。バス数台からたくさんの目が見ているというのに、なんとのんびりしたことだろう。

間近で動物を見たせいか、休憩ポイントから見えた山の上のヒツジ軍団(Dall’s sheep)など、しげしげ見ている人はあまりいなかった。まあ白いポチポチにしか見えないのだけれど。

b0068732_1374512.jpg車窓の景色もまた素晴らしかった。ポリクローム峠(Polychrome Pass)から望む雪の山々と、母なるその懐を削りながら流れ出る荒々しい河のうねりを見ていると、この世界がまだ産まれたばかりのような気がしてくる。そんな風景の中に、バスはときどき停まっては、何もないところに野宿する乗客をひとりふたりと落とす。バスが発車し、人の姿が点になっていく。その人がこれから体験するだろう自然との親密な関係を想像すると、とても羨ましい気がした。って自分だってこれからキャンプするのにねー。 *この日の行動はDay6-2に続く

Day5-2 | Day6-1 | Day6-2 | 資料編

b0068732_13354437.jpg


Washy


[PR]
by flyingshack | 2005-09-09 07:11 | アメリカの旅
秋空のアラスカ Day5-2 カニ付き軟弱キャンプ



b0068732_13545029.jpgロッジでホットタブやバーに通い、AlaskanだのMidnight Sunだの地ビールをとっかえひっかえ飲んでいたわれわれ。ついにそんなヌクヌクとした生活から足を洗わねばならない時が来た。3泊したロッジをチェックアウトして、今晩からキャンプなのだ。たった2泊だけれど、この日のためにキャンプ道具をえっちらおっちら運んできたのだ。おかげでスーツケースが重すぎて、エアラインに$25も払ったのだ。キャンピングストーブは、テロ対策だかなんだかで飛行機に乗せられないので、わざわざアンカレッジでアルコールストーブを買ったのだ。キャンプ場ももうネット予約してある。後には引けないのだ。本当はかなりめんどくさいんだけど。

でも、daidaiさんが書いていた「人生の中でいつかやりたいことリスト」というのがわたしにもあって、そのひとつがアラスカキャンプだったのだから、めんどくさいなんて言っていられない。幸いチェックアウトする頃、雨が上がった。天気予報によると今夜は晴れのようだ。デナリ国立公園には、キャンプ場が6カ所ある。うち車で行けるところは2カ所だけ。中でも一番入口に近く、施設が充実しているRiley Creekが今夜の野営地だ。

b0068732_21165095.jpg今回来てみるまで、アラスカキャンプというと、他のキャンパーが誰もいないような場所にテントを張り、グリズリーがウロウロしている中で食事をし、青天井の下でキジを撃つ(用を足すの業界?用語。男性専用)というイメージだった。実際キャンプ場以外にテントを張るとそんな感じらしく、国立公園の注意書きには「食事は向かい合ってせよ」とある。食べ物のおいしいニオイに誘われてやってきた熊に背後から襲われないよう、360°の視界を確保するためである。しかし、Riley Creekの雰囲気は、アメリカの他のキャンプ場とさして変わらなかった。水洗トイレ、シャワー完備で売店もある。各キャンプサイトには車を乗り入れることができ、テーブルがついている。違うのは熊対策として、食料をテントに入れてはいけないこと。必ず車に入れる。

b0068732_21162817.jpgここで盛大にトナカイの肉でもバーベキューしたかったのだが、アルコールストーブじゃできそうもない。次善の策としてしかたなくやったこと、それはプリンセスロッジへ戻ってレストランに行く、であった。The SummitはAAAのレイティングで3ダイヤモンドがつけられている、周辺では最も高級なレストラン。とはいえドレスコードは場所柄かなりカジュアルで、チェックのシャツやフリースジャケットでもOK。これからキャンプする体制のわれわれでも浮いていなかった(でもジャージではありませんよ)。ここでアラスカン・キングクラブ(たらば蟹)とステーキを食べ、シアトル近郊はChateau Ste. Michelleの赤ワインを飲んだ(大胆に写真まで撮ってきました)。もちろん前菜もデザートもオーダー。ああ夢のアラスカキャンプなのに、なんて軟弱なんだ。

b0068732_21171017.jpg7時頃夕日のあたるレストランを出て、2人用の小さなテントに戻った。シンデレラの魔法がすっかり解けてしまった気分。日が暮れると寒かった。周りには大きなRVがたくさん来ていて(レンタカーが多い)、居心地良さそうな明かりがこぼれていた。いいなあ。トイレでビデオやデジカメ用電池の充電をしている間、Docとわたしはその辺をウロウロ歩き回って暖を取った。この日のAurora Forecastでは、上空でオーロラが見えると予報されていた。しかし夜空を埋め尽くした無数の星の光が、極光のベールに薄らぐことはなかった。

さて、明朝はバスに乗って奥地へと移動だ。

Day5-1 | Day5-2 | Day6-1 | 資料編

Washy


[PR]
by flyingshack | 2005-09-08 17:05 | アメリカの旅
猛暑キャンプ



b0068732_16204496.jpgこの期に及んで、またキャンプに行ってしまった。こんな猛暑の只中に行くなんて思いも寄らなかったが、1年生活してみて、アーカンソーの夏恐るるに足らず、と見切ったのである。ヒューストン近郊で6月にキャンプをしたときは悲惨だった。4時頃あまりの暑さで目が覚め、テントの外でゴロゴロしていたら蚊の餌食になった。テントに逃げ込むも、暑くてまた外へ。その繰り返しでちっとも眠れなかった。亜熱帯では夏にキャンプなんてするもんじゃないなと思った。

アーカンソー、特にオザーク、ウォシタ山地の夏はちょっと違う。アーカンソーはテキサスの隣の州ではあるが、ヒューストンとリトルロックでは緯度にして屋久島と大阪くらいの差がある。こちらでは昼間暑くても、夜になると15°C近く気温が下がる。湿度もだいぶ低そうだ。キャンプに行った土曜日も昼は100°F(38°C!)くらいあったが、夜は寝苦しくなかった。何もかけないで寝たナイト氏は寒くて目が覚め、しっかりかけて寝たマッチ君もその後風邪をひいたくらいである。

b0068732_16252622.jpg昼間の暑い時間はどうしのぐかというと、水遊びだ。今回行ったのはBuffalo National Riverの岸にあるTyler Bendキャンプ場。アーカンソーで何度かキャンプしてみて、川や湖で泳ぐのは当たり前に思えてきた。水は決してすごく澄んではいないが、鮎が釣れる京都の保津峡なんかよりずっとましだ。少なくとも匂わない。魚もたくさんいる。アーカンソーのガキどもは頭から潜ったり、水を口に入れて水鉄砲みたいに吹き出したり、平気でしている。日本のオジサンたち(失礼!)はさすがにアーカンサンにはなりきれず、温泉みたいに首までつかって涼んでいた。

b0068732_1622188.jpg晩のメニューは、炭火焼肉。Sam's Club(Sam's Orientalではありませんよ)でおいしそうな肉を見つけ、スライスして自家製たれに漬けて持って行った。flank steakという肉で、ともばらと言うようだ。塊の状態では薄べったく、筋膜が多くて変わっているけれど、実はカルビの近くの肉だそうで、柔らかくて美味だった。


この夜は、毎年流れ星がたくさん見られる「ペルセウス座流星群」に当たっていた。話をするうち、4人中3人が小学校の頃、雑誌「天文ガイド」を買ったことがあると判明。特にナイト氏は望遠鏡で星の写真を撮りまくり、部屋を片づけるお母さんに「点々の写真ばっかり…」とぼやかれた本格派であった。隣から聞こえてくる声もAmazing Graceの合唱を最後に静まり、ひっそりしたキャンプ場。双眼鏡でアンドロメダ大星雲や白鳥座の二重星を見た後、テントで眠りについた。


Washy


[PR]
by flyingshack | 2005-08-19 15:38 | アメリカのアウトドア
キャンプの裏話


deさんのところを訪ねた人はもう知っていると思うけれど、4人でキャンプに行った。これがまた、かなり通好みのキャンプになってしまった。こちらは裏話なので、表話の方はdeさんのブログをご覧ください。

まずどこのキャンプ場にするか。deさんが「(flyingshack家は)あまりアーカンソーでの時間がないでしょうから、行っておきたい場所があれば、そこにしましょう!」と優しく言ってくれたので、こちらで選ばせてもらった。で、うちの希望は「湖畔は飽きたから森の中がいい」。森というからにはもちろん涼しい木陰で、それも広々して隣のテントが遠いところ。静かな環境で、暑くなったらきれいな水に飛び込める。しかも金曜日仕事が終わってから出かけられるくらいの近さ。トイレはもちろん水洗でシャワー付き。とまあ、こんな感じだった。

b0068732_14472545.jpg贅沢に聞こえるかもしれないが、木陰で広くて水洗トイレ・シャワー付きは、わりとどこでもそうである。意外とないのが静かな水辺。大きな湖にはジェットスキーがブンブン走っている。RV(キャンピングカー)の近くもちょっとウルサイ。さてどこが静かか? ローカルのアウトドア友がいなくて情報がないのが、我が家の弱みだ。こんなとき頼りになるのがガイドブック。アーカンソーにだってありますよ。"The Best In Tent Camping: The Ozarks"(右サイドバーのライフログで紹介中)。Ozark(オザーク)って言うのは我が家がよく行く山地のことで、アーカンソーとミズーリにまたがって広がっている。この本をじっくり読んで選んだのが、Ouachita National Forestの中のCharltonというキャンプ場だ。

b0068732_14454084.jpg"(キャンプサイトは)quiet, shady, and spaced about 100 feet apart"、"Their small parking pads and narrow campground road keep RVs and travel trailers from using this part of camp, preserving its primitive atmosphere." 本の描写は完璧だ。で、行ってみたらまさに書いてあるとおり。テントの近くに街灯のひとつもないプリミティブさ。おまけに1泊目には隣に一組いたものの、2泊目には我々だけで9つサイトのあるエリアを独占。これを静かと言わずして何と言おう。

ちょっとしまったかな、と思ったのは、deさんの奥さんのmiさん(勝手につけました)が虫嫌いということ。森の中なので虫はいっぱいだ。しかし彼女は立派だった。はたから見たらとても虫嫌いに見えない堂々とした態度。わたしのために小さな尺取虫を脇によけてくれたりした。嫌われ者の虫だが、夕方には我々を魅了してくれた。森じゅうのホタルが点滅して、4人の人間をイルミネーションで取り囲んでしまったのである。もちろん鳴く虫たちのオーケストラ付き。どっちかというと向こうが取り囲んだというより、我々が虫の王国におじゃましたのだろう。

b0068732_1447173.jpg静かなこと以外、泳げる川とホタルくらいしか見どころのないキャンプ場だったけれど、deさんとmiさんにはよい休養になったみたいだ。ここを選んでよかったかも。しかし湖畔に行ったら行ったで、ピチピチビキニギャルに囲まれて別人格になって、全く違ったキャンプになっていたのかもしれない。

<おまけ>
カーソルを写真に合わせると…



Washy


[PR]
by flyingshack | 2005-06-25 08:18 | アメリカのアウトドア