イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


タグ:birding ( 21 ) タグの人気記事
大通公園のお客様


b0068732_0235013.jpg今日はわたしも街に出てクリスマスショッピング。というかまあ用足しです。大通公園を通りかかったので写真を撮っていたら、ひとときの間全く日本語が聞こえてこなかった。みなさん楽しい海外旅行なのですな。

≫耳を傾けていたら、さらに賑やかな声が聞こえてきた(続きを読む)。
[PR]
by flyingshack | 2006-12-19 23:25 | ノーザンリビング(札幌)
神在月山陰の旅 その6 あれも豊岡

--------------------------------------
3日目 城崎-豊岡-鳥取
--------------------------------------

b0068732_23544792.jpgそばに誘われて、ふらふら立ち寄った出石と城崎。実はどちらも平成の大合併で同じ市になっていた。名前は豊岡市。兵庫県最大面積の市町村になったらしいけれど、北海道人にはとんとなじみのない地名である。特に城崎なんていう国語の教科書で大々的に宣伝されているブランド地名に比べるといまいち。でも意外に「あああれも豊岡だったのね」というまちなのだ。

≫まず、わたしと豊岡との出会いは30年以上前にさかのぼることが判明した(続きを読む)。
[PR]
by flyingshack | 2006-12-14 17:59 | 日本の旅
今年の別荘はオホーツク その10 サンダルで斜里岳
b0068732_10394360.jpg
自分がいくつの山に登ったのか、数えたこともないけれど、久しぶりにその数が増えた。日本百名山のひとつ、斜里岳。docは大学時代に登っている。斜里岳の姿は、実はこのブログにも何度か登場している。前回のエントリでじゃがいも焼酎工場の背景に見えているのがそれ。5月のエントリでも畑の向こうに雪山が写っている。網走や知床に行った人なら、そのフォトジェニックな姿がきっと印象に残っているはずだ。

≫登山口に着くと、観光バスが停まっていた(続きを読む)。
[PR]
by flyingshack | 2006-08-02 07:48 | 日本のアウトドア
ちょっとさいはてまで


b0068732_0244694.jpgさてここはどこでしょう。日曜日に見てきたノハナショウブの群落です。

≫次の写真を見たら、札幌の人はわかるだろうか(続きを読む)。
[PR]
by flyingshack | 2006-07-11 00:47 | 北海道の旅
標高629mの高山


b0068732_45141.jpg山歩きもこの季節にやっておかねばならないことのひとつ。近年、熟年のみなさんより明らかに根性のないわたしがお気に入りの山が小樽にある。塩谷丸山と言って、1時間半くらいで登れてしまう。標高だって629mしかないけれど、侮ってはいけない。高山植物だって咲いているし、他にもたくさん魅力があるのだ。

≫昼の12時頃家を出て、高速で小樽へ。そんな遅出なところからして根性がない(続きを読む)。
[PR]
by flyingshack | 2006-06-29 02:47 | 日本のアウトドア
今年の別荘はオホーツク その5 知床峠初もうで


b0068732_12363055.jpg翌朝は、AMERICANに長居したのを後悔するような上天気だった。あの落日で、晴れることはわかっていたはずなのだけれど、楽しかったんですよね。朝から光明石温泉に入って若干シャッキリし、知床へと向かった。

この日5月7日は、冬季閉鎖されていた知床横断道路の開通日。毎年ゴールデンウイークには通れるのだが、昨シーズンの雪の多さでこの日までずれこんでいた。開通初日に当たるなんて滅多にないので、これは行かねばなるまい。

≫知床峠からの眺望(続きを読む)。
[PR]
by flyingshack | 2006-05-25 10:41 | 北海道の旅
Sunday Afternoon for $1  -日曜の午後を1ドルで-


b0068732_5454121.jpgアメリカでよく見ていたFood ChannelのTVショーに、$40 a Dayというのがある。看板レポーターのレイチェル・レイがアメリカ各地へ飛び、40ドルの予算で朝から晩まで食べ歩くという番組だ。40ドルといえば今は4500円くらい。ファストフードばかり選べば簡単に達成できるだろうけれど、それじゃおもしろくない。結構おしゃれなお店に入り、おいしそうなものをお腹いっぱい食べて、40ドルに見事収める。チップも15%は払うし、カクテルを飲むこともある。食べる以外にも、お金のかからない観光やスポーツ体験を見つけてくるので、感心して見ていた。ちなみにFood Channelは料理の鉄人アメリカ版を放送しているケーブルテレビ局。

≫さて、日曜日は、この$40 a Dayに出てきそうな節約かつ贅沢な(続きを読む)
[PR]
by flyingshack | 2006-05-21 05:43 | ノーザンリビング(札幌)
ドームは外が特等席!?


b0068732_17192525.jpgファイターズ初観戦の後、混雑を避けようと、Docとわたしはしばらく札幌ドームの外をブラブラしていた。見たかったのは、有名なこの「ホヴァリングサッカーステージ」。ドーム内では育たない天然芝を外で育て、試合のときはまるごとドームの中に入れちゃうという仕組み。まあ、巨大なプランターである。このプランターのおかげで、札幌ドームは世界でただ一つ、天然芝でサッカーができるドームになれたのである。しかし、ベランダのプランターだってかなり重いのに、これ土たっぷりでめちゃくちゃ重そう。

≫ちなみに前のエントリのこの写真で、変だなと思った方がもしいたらすごい(続きを読む)。
[PR]
by flyingshack | 2006-05-15 16:06 | ノーザンリビング(札幌)
カモがやってくる湿原のトレイル

Bell Slough WMA

b0068732_1312279.jpg書き残したアーカンソーネタを、たまには書かないと忘れてしまう。ここは去年の3月に行ったリトルロックのそばのハイキングトレイルだ。I-40をMayflowerで降りて、リトルロック方面へ少し戻ったところにある(地図)。山ではないし1周2.3マイルなのでお気軽に散歩できる。3月初旬は新緑には早かったが、ちょうど芽吹きの季節で、それぞれの木がそれぞれに個性あふれる新芽を出していた。木の名前も普通なら板に書いてあるだけだが、ここでは平らな石にイラスト付きで描かれている。マンガチックでないところがなんとおしゃれなことか。日本で自然教育に携わるお役人もぜひ真似して欲しいものだ。

b0068732_1305592.jpgトレイルの2カ所にフォトブラインドがあって、湿原にやってくる鳥や鹿を、陰に隠れて観察できる。双眼鏡も備え付けられている。わたしたちもバードウォッチング目当てで行ったのだけれど、よく見えたのは鳥ではなく、曲芸飛行する飛行機だった。ちなみにここではハンティングが許されているので、上のリンクの注意を読んで、撃ち殺されないようにしましょう。


Washy


[PR]
by flyingshack | 2006-03-15 12:55 | アーカンソーの旅
キツツキの"エルビス"、生きていた



b0068732_15283788.jpg今朝、うちの記事を見て、Novaさんが鳥関係のニュースを教えてくれた。さっそくネットで調べてみたら、すぐ見つかった。大ニュースなんだ。4月28日のNational Geographic Newsによると、60年前から確実な目撃情報がなく、絶滅したと思われていたキツツキ、ivory-billed woodpeckerが、アーカンソーの森の中で見つかったそうだ。

このキツツキ、うちの鳥の図鑑にも実は載っている。1980年発行の図鑑なのだが、その時点で"Very close to extinciton, if, indeed, it still exsists.(絶滅寸前、もし、本当に、まだいるのなら。)"と書いてあって、その書き方がたいそう気になっていた。なんというか、やっぱりもう絶滅しちゃったと思うのだけれど、絶滅って書くとホントにあきらめちゃうみたいでイヤだなあ、という書き手の気持ちが伝わって来たのだ。

発見までの経緯は、去年カヌーで川下りしていた人が最初に目撃し、調査に行ったUALRの人がビデオ撮影に成功。それを鳥の専門家が分析して、間違いないというお墨付きを出したそうだ。目撃されるのは限られたエリアとか。じゃ、カヤックもあることだしちょっと行ってみようじゃないの? と思って地図を見たら甘かった。キツツキが目撃されたのはCache River National Wildlife Refuge。確かにリトルロックから1時間もしないで行けるのだけれど、大きさが南北80キロはあるのだ。そのあたりはBig Woodと呼ばれ、湿原の上に森があるらしい(上のサイトでどんなところかビデオが見られます)。こりゃ無理だ。まあ、そんなに簡単に見つかってしまうようじゃ、60年もの間、誰にも知られず生きて来られなかったろうなあ。アーカンソーの森のふところ深さは、すごいものがある。


投票はここです(Washy)


[PR]
by flyingshack | 2005-05-03 15:22 | サザンリビング(USA)