イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


タグ:アメリカの花 ( 17 ) タグの人気記事
アメリカ版みどりの日


b0068732_1654712.jpg先週の木曜日(3月17日)は聖パトリックの日(St. Patrick's Day)。だからって今まで特別なことは何もしたことがなかったのだが、今年はいろんなことがあった。まず、シャムロック(Shamrock)を一鉢いただいた。毎週木曜日、プライベートで日本語を教えているのだが、そこのお母さんがくれたのである。「シャムロックって知ってる?」と言うので、「聞いたことあります。ガソリンスタンドの名前。」と言ったら家族みんなに爆笑された。間違いではないんですぞ。でも、この場にふさわしい答えは「聖パトリックのシンボル」。5世紀のアイルランドをキリスト教に改宗させた司教パトリックが、三位一体を説明するのにシャムロックの三つ葉を使ったんだそうな。つまり、つかず離れずの3枚の葉がそれぞれ、神・キリスト・聖霊なわけね。

それから、アイリッシュ・ソーダ・ブレッド(Irish soda bread)をごちそうになった。もちろんこれも聖人様がいたアイルランドにちなんでいる。イーストの代わりにベーキングソーダを使って山型に焼いたアイルランドの田舎風パンで、味と形は「しょっぱい甘食」! 日本人にとっては、なにか懐かしい味だ。そういえば、この間Wild Oatsで試食販売してたな。実は季節限定品だったのか。甘食にしちゃ高級だったけど、買っておけばよかった。

b0068732_16542792.jpg夕方日本語レッスンを終えてから、Docとバスに乗ってダウンタウンへ。そうそう、アイリッシュといえばパブですよね。この日は、ダウンタウンの中心リバー・マーケット(River Market)のバーが連合して、お祭りをやらかす。$10で入場パスを買うと、7軒のバーのカバーチャージが無料になって、ショーのハシゴができるのだ。7時過ぎにリバー・マーケットに着いたが、すでに結構な人出。緑色を身につけていないととつねられるからか、単に目立ちたいからか、緑の服の人がいっぱいだ。中には全身緑と三つ葉だらけの人も!

b0068732_1655613.jpg8時頃から、各店の入口で$10の豪華紙製リストバンド(入場パス)を売り出し始めた。Docとわたしはすでに店で飲んでいたが、ひとりずつ抜け出してパスを買いに行った。それまでもショーはやってたんだけど…細かいことは誰も気にしていない模様。パスはIDがないと(21歳以上でないと)買えませんよ。若く見える人は注意してね。ちなみにわたしでも見せないと買えなかった。(密かに自慢) 

b0068732_172513.jpgその後、ギネスやグリーン・ビール、ゴブレットの4分の3がリキュールという強烈なグリーンのカクテル等々を飲んで、どんちゃん騒ぎなわけだが、各バーのレポートはまた後日。帰り、聖パトリックの日だからなのか、道端に修道士さん(?)が座っていた。小銭を寄付したら、"God bless you."と言ってくれた。"God bless you, too."と答えると、"Pray for me." 酔っぱらった勢いでハイハイと言ってしまったが…そーいやわたしゃキリスト教徒じゃなかったよ。

(Special thanks to 車で迎えにきてくれたJさん)


押してくれい(Washy)

[PR]
by flyingshack | 2005-03-20 18:15 | サザンリビング(USA)
真っ白な花の雲


b0068732_15503090.jpg数日前から、リトルロックは真っ白な雲に覆われている。家々の庭、会社の駐車場、ショッピングモール、いたるところで白い桜のような花が満開なのだ。Connie Westさんが書いていたCrabapple Treeとちょっと似ている。でもなんとなく感じが違う。教会のFriendshipで、先生たちに聞いてみたら、Bradford Pearと言うんだそうだ。サクラでもリンゴでもなくてナシか!
 
園芸屋さんのページによると、Bradford Pearはテキサスからアイオワくらいまでの気候に合っていて、どこの都市でもよく見られるそうだ。ここ20年くらいの人気品種で、成長が早く10年くらいで立派な木になるらしい。ということは、アメリカの春の風景は、一昔前とちょっと違って見えるのかもしれない。

アパートにも大木があって、1本はうちの部屋の真ん前にある。本日は特別に、うちのベッドルームからの眺めもお楽しみください。


b0068732_1546336.jpgb0068732_15482538.jpg

押してくれい(Washy)



b0068732_6562322.gif
トラバでアメリカ横断・桜開花情報(桜みたいな花含む)はこちら
[PR]
by flyingshack | 2005-03-14 14:32 | サザンリビング(USA)
山の教会の水仙まつり


b0068732_1647193.jpg木曜日アメリカ人の知り合いの家におじゃましたら、花壇のラッパ水仙が見事に咲いていた。「きれいですねー」と感心したら、近郊のWye Mountain(ワイ・マウンテン)でDaffodil Festival(水仙まつり)があると教えてくれた。野原一面の水仙が見られるのだと言う。それはぜひとも行かねば。

車でWyeに近づくと、迷う間もなく、黄色が目に飛び込んできた。それからたくさんの路上駐車。茶色い石造りの小さな教会Wye United Methodist Churchがあり、そこから見渡せる野原に水仙がいっぱいだった。それからダウンタウンでも見かけないほどの人の数! と言っても富良野のラベンダー畑に比べたら少ないもんですが。

おまつりと言ったって、歌謡ステージやカラオケ大会があるわけではない。なにしろ教会主催なのだ。牧師さんにお給料を払えないほどの貧乏教会が、お金を集めるために花を植えたのが、水仙畑のはじまりなんだとか。80年以上前の話だ。長い間、寄付と引き替えに花を摘んでもらっていたが、評判を聞いた人々が年々大勢来てくれるようになり、ある年ついに、たった一日で花が一輪もなくなってしまった。翌日やってきたお客さんはがっかり。町の人は相談して、翌年から「見るだけ」にした。見るだけで寄付が集まるものかと反対した人も多かったのだが、神様はちゃんとよくしてくれて、花は3週間長持ちし、利益は3倍になったのだそう。いい話ですね。

今では花摘み($1)も復活、手作りのパンフレットやカード、風船が売られ、BBQサンドイッチやドリンクの出店もある。パビリオン(本当は納屋?)も建てられ、中でおばあちゃんたちが煙草をふかしながらクラフトを売っている。薄利だが、売り上げでフルタイムの牧師さんを雇えるというんだから、たいしたものだ。

それと感心したのは、会場内にロープの類がないこと。摘んでもいいエリアだけがロープで囲ってあるが、後は特に決まった通路もなく、水仙の株の間を自由に歩き回れる。妖精のような子どもたちが走り回ったり、かくれんぼしたりしていた。赤ちゃんを乗せたストローラーでガシガシ通っている人もいたが、来場者数自体少ないので問題なさそう。日本でこれをやったらどうなってしまうんだろう? それはともかく、花の間に座ったり寝っ転がったりして、どの家族も夢中になって記念写真を撮りまくっていた。ぜひカメラを持ってお出かけください。


Wye Mountain Daffodil Festival 2005(website)

Date:3/5&6, 12&13 (毎年変わる。開花に合わせ、2週間前に日程が発表される。)
Location:Wye United Methodist Church(Little RockからState10(Cantrell)を西へ。Lake Maumelleを過ぎてから、State113に右折して6マイル。所要時間30~40分。)


押してくれい(Washy)

[PR]
by flyingshack | 2005-03-06 16:45 | アーカンソーの旅
うちのヨシノちゃん


b0068732_9203368.jpgアメリカの日本人ブロガーが連携したら、桜前線マップができるんじゃないか、というコメントをm_seattleさんからいただいた。それはおもしろい! しかし彼女も書いているように、アメリカには桜の種類がいっぱいあるらしく、どれかを基準にしなければならない。日本と同じようにソメイヨシノにするとしても、リトルロックじゃ情報がなくて、どれがソメイヨシノなのか皆目見当がつかない。

きのう、近くの小学校に行ったとき、こんな木の写真を撮った(写真上/拡大します)。かわいらしい白い花が青空に輝いている。花びらは厚くてまるっこくぽってりしていて、桜の「儚い」雰囲気はない。どっちかというとリンゴだ。でも木肌が赤くてつるつるなので、桜にちがいない。勝手に「コイワリンゴザクラ」と名付けた。そういえばこの木、先週から咲いてるよな。

Docとわたしが桜と信じている木は、別なところにある。そして、まだまだ全然花の気配がない(写真下)。その木はアパートのバルコニーの前にあり、花が咲いたらうちで花見をしようと、去年の秋から言っている。そして、ソメイヨシノだったらいいな、と勝手に期待している。b0068732_915399.jpgそれにしても、コイワリンゴザクラにかなり遅れを取っているぞ。ヨシノちゃん、本当に咲いてくれるの?

去年リトルロックで桜が満開だったのは3月20日頃らしい。その頃までにはきっと、つぼみもふくらんでくれるだろう。日本酒買って待ってるからね(どこで売ってるか、知ってる人いますか?)。がんばれうちのヨシノちゃん!


押してくれい(Washy)


ヨシノの話 その1 | その2 | その3


b0068732_6562322.gifトラバでアメリカ横断・桜開花情報(桜みたいな花含む)


■トラックバック・ピープルの桜前線の話題

■エキサイトブログ、今週のトラックバックテーマ 小さい春、見~つけた!

■2/22 シアトル・m_seattleさん早咲きの桜

■3/1 カリフォルニア・Connie WestさんThundercloud Plum Tree

■3/3 ポートランド・Tomoさん花は桜木

■3/5 リトルロック・Washy コイワリンゴザクラ(このエントリー)

■3/8 カリフォルニア・Connie WestさんCrab Apple Tree

■3/8 シアトル・m_seattleさん ソメイヨシノ?

■3/11 シアトル・m_seattleさん 満開のソメイヨシノ?

■3/11 ポートランド・seven-blessingsさん リバーサイドは桜満開!

■3/14 リトルロック・Washy Bradford Pear 

■3/14 ロサンゼルス・daidai_LAさん Pink Cloud

■3/19 サンノゼ・さとこさん 枝垂れ桜並木

■3/22 リトルロック・Washy ヨシノの姉 

■3/22 シアトル・m_seattleさん 八重桜?

■3/31 チャタヌガ・kimieeさん Cherry blossom Cookout 
[PR]
by flyingshack | 2005-03-05 09:10 | サザンリビング(USA)
リトルロックの桜開花はいつ?


b0068732_16293983.jpgリトルロックでは今、「モクレン」の花が真っ盛り。札幌では4月下旬に咲く花で、それから2週間くらいで桜が咲く。しかし北国と違って、南部では春の歩みが遅い。モクレンが咲き始めてからもう2週間たつと思うのだが、桜のつぼみはまだまだかたい。

もちろんアメリカでは、桜前線などWeather Channelを見てもやっていない。やっているのは花粉前線? 国民挙げて花に一喜一憂する日本人って、かなり風雅な民族である。アメリカ大陸にも桜前線というのを引くとすると、どんな模様になるんだろうか? そもそもどの種類の桜を基準にするかが問題だ。いずれにせよ、高緯度にあるシアトルには、すでに前線が到達しているらしいので(シアトル留学生の日々)、かなりおもしろい模様になるんだろうな。


押してくれい(Washy)

[PR]
by flyingshack | 2005-03-03 16:31 | サザンリビング(USA)
こどもたちのプレゼント


b0068732_15303440.jpgHファミリーの息子たちが、椿の花を拾ってプレゼントしてくれた。小学校の近くに咲いているんだそうだ。

息子たちはきれいなものが大好き。よく「きれいだね~!」と叫んでいる。その後に必ず「でもおかあちゃまの方がもっときれい!」と付け足すからおもしろい。


それにしても和菓子のような色だなあ。おいしそう。
[PR]
by flyingshack | 2005-02-05 15:32 | サザンリビング(USA)
春遠からじ


b0068732_13125179.jpgこの週末は朝晩氷点下だった。アパートの敷地でこんな花を見つけた。毎日車で上り下りするヘアピンカーブの曲がりのところにひっそりと、というか堂々と咲いているのだが、色合いのせいか今まで気がつかなかった。いったい何の花? とにかくうれしい春の知らせだ。
[PR]
by flyingshack | 2005-01-25 13:12 | サザンリビング(USA)