イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


タグ:アメリカの花 ( 17 ) タグの人気記事
続ハナミズキ


b0068732_002327.jpg前回のハナミズキの話の続きです。ハナミズキの写真を撮って、教会の英語の時間にみんなに見せたら、バージニア先生がこんな話を教えてくれた。

ハナミズキの木は、キリストが磔にされるとき、十字架に使われた。そのことを悲しく思ったハナミズキは、花の形を十字に変えた。それぞれの花びらの先には、手足を打ち付けた釘の跡が、血をにじませたように残っている。

b0068732_00529.jpg確かそんな話だった。以来、花びらの先が気になるようになってしまった。確かに、えんぴつかなにかでビニールを突き通したような、傷跡めいたものがある。真っ白な花びらに、そこだけ茶色いシミがついている。なんだかリアルに痛そうなのである。
b0068732_03543.jpg前に、聖パトリックはシャムロックの三つ葉で三位一体を説明したという話を書いたけれど、植物を説法の題材にするというのはキリスト教の常道なのだろう。そういえばユダが首を吊った木というのもあった。さて、わたしは仏教や神道の説法で、こういう話を聞いたことはあっただろうか?
Washy


[PR]
by flyingshack | 2006-04-29 09:14 | サザンリビング(USA)
ハナミズキ(flowering dogwood)
b0068732_13413619.jpg

「つぼみをあげよう、庭のハナミズキ」

一青窈の歌「ハナミズキ」には、つぼみが登場する。アーカンソーに行く前のおととし春、カラオケで歌いながら、ハナミズキのつぼみっていったいどんなのだろうと思った。満開のハナミズキ(flowering dogwood)なら、アトランタで出会ったことがある。洗いたてのシーツのように清潔感のある白い花が、プランテーションハウスの庭の芝に美しく映えていた。でも、つぼみってやっぱり記憶にない。

「薄紅色のかわいい君のね」

と歌詞が続くところをみると、かわいいのかな。

≫そんな小さな疑問などすっかり忘れていた去年の今頃(続きを読む)
[PR]
by flyingshack | 2006-04-17 10:56 | サザンリビング(USA)
赤いバド



b0068732_033511.jpg今日の話はredbud。budったってビールじゃありませんよ。花です。先日マグノリアの話を書いたけれど、3月のリトルロックで花盛りだった、もうひとつのピンクの花がeastern redbud(Cercis canadensis)。直訳すれば「赤いつぼみ」で、確かに小さな小さなつぼみが、葉が出る前の枝からあふれるように出て咲く。調べたら日本のハナズオウ(Cercis chinensis)の仲間のようですね。judas treeと言う別名は、キリストを裏切ったユダが首を吊った木から来ているんだそう。かわいい花に似合わないエピソードだけれど、ハート型の葉っぱにも関係あるのだろうか?

ところで、今年のわが家のカレンダーは、リトルロックを離れるときにFさんからいただいた、アーカンソーの四季を綴ったものだ。3月の写真がこのredbudで、今リビングを明るく彩っている。

b0068732_035594.jpgまだこの花の名前を知らなかったとき、Fさんに訊いた。
すると、
「レッドバード」
という返事。思わず、
「red bird?」
と聞き返してしまった。

もちろんbirdの発音だったわけではない。budがbuuudに延びていたのだ。ふだん英語を一音一音聞き取る余裕もないわたしにとって、なるほど、これが母音を長く延ばす南部訛り"drawl"なんだ、とはっきりわかった瞬間だった。カレンダーの蘇芳色を見るたび、そのときのことを思い出す。


Washy


[PR]
by flyingshack | 2006-03-23 21:25 | サザンリビング(USA)
マグノリアの花たち



b0068732_23464842.jpg札幌では毎年この時期になると、冬と雪に飽きてくる。白い雪ならまだいいが、これからの時期、目に入るのは片隅に解け残った薄汚れた雪ばかり。そんな時、去年の今頃の写真を見たら、色鮮やかな写真の数々に目を奪われた。リトルロックはこの時期花盛りなんですね。

去年エントリーしなかった花のひとつが、このピンクのtulip magnolia(Magnolia soulangiana)。tulip treeとも言う。日本のモクレン(Magnolia quinquepeta)に似ているけれど、学名を見ると違う種類のようだ。リトルロックではよく、家々の前庭に、樹齢数十年にもなるであろう見事な大木を見ることができる(写真は拡大します)。

ところで、マグノリアといえばルイジアナとミシシッピの州花として有名だが、こちらは白い花で、日本のタイサンボク(泰山木)にあたる。英名と学名はsouthern magnolia(Magnolia grandiflora。こちらもよく庭に植えられているが、かなり巨大な木だ。広い庭がなければとても植えられない。香りがいいので有名だけれど、車生活のためか、ついぞその匂いを嗅ぐことはできなかった。(50州の木、花の一覧はここへどうぞ。)

確かめてはいないが、よく南部女性にたとえられるマグノリアは、白くて大きな州花の方に違いない。どっちなのだろうと調べていたら、映画Steel Magnolias(邦題は「マグノリアの花たち」)に突き当たった。あまり本題とは関係ないけれど、DVDのパッケージが面白かったので載せてしまう(拡大します)。日本版(左)のよりアメリカ版(右)の方が、髪型と言い服装と言い、こんな南部おばちゃんいるいるとクスッとしてしまう、さすがのできばえだ。

b0068732_19353825.jpgb0068732_1935184.jpg

皆さんの周りには、こんなマグノリアの花たちはいますか?


Washy


[PR]
by flyingshack | 2006-03-17 23:59 | サザンリビング(USA)
MWスペシャル その16 ガーデニングのヒントいっぱいの植物園



b0068732_10143297.jpg最後の最後にもう一カ所だけ、わたしのお気に入りの名所Cleveland Botanical Gardenをご紹介。University Circleにあるので、美術館や自然史博物館とセットで回れる。規模は小さいし珍しい植物が多いわけでもないが、細部までデザインに凝った演出がなされていて、ガーデニング好きにはとても参考になる庭園だ。子ども連れだったらChildren's Gardenで一日遊べそうだし、熱帯の蝶が舞う温室も長居したくなる場所だ。ちょうどスーツ姿のスタッフらしき女性が来ていて、あちこち指さしては結構な剣幕でまくし立てていた。内容は聞き取れなかったが、なにかお気に召さないところがあったのだろうか? ああいう感じがアメリカのキャリアウーマンなのかな。(下のサムネールをクリックして写真をご覧ください。)


Rose Garden Rose Garden
Memorial Bench
Children's Garden Children's Garden
Terrace Costa Rica Biome


ちなみに隣にある美術館は結構有名らしいのだけれど、現在拡張工事中とかで、メインの展示は全く見られずであった。でも入場料は「寄付」なので、開いているところだけ見てトイレに寄る価値はある。(来年の半年間は休館するそうです。)

◇MWスペシャルは次回から帰路に寄った街です。◇

その15 | その16 | その17
Washy


[PR]
by flyingshack | 2005-07-21 12:54 | 中西部の旅
最近の我が家は



ここ2週間ほどブログを更新しておらず、のぞきに来ていただいた方申し訳ありませんでした。別にしなくてもいいと思うのだけれど言い訳すると、うちに「居候」がいたのである。若い男性ですぞ。これからアメリカ暮らしを始めるのだが、諸処の事情でしかたなくうちに長居する羽目になって気の毒だった。でもお客様として特にご馳走を作るでもなく、普段どおりの我が家にいてもらった。

居候最後の日の夕食は「素麺」であった。
「ごめんね、今日でこんな怪しい食事も終わりだから…」
とわたしが言うと、彼、
「いえいえ、明日から自炊で、さらに粗末な食事ですから」
とのたもうた。
「ええっ? さらにー?」
とつっこむと、焦った彼は
「そうじゃなくって、あのー、もっとさびしくなります、っていうか、あのその…」
墓穴掘ってるよ、と彼の肩をポンポンと叩いたわたしであった。


b0068732_0391533.jpg言い訳(?)ばかりでもなんなので、季節ネタ。7月に入ってリトルロックの街じゅうがこの花(写真クリックで拡大します)でいっぱいだ。木肌がツルツルなので日本人の間では「サルスベリ」と呼ばれているが、英語の名前はいったいなんなんでしょうか? Docは「Salisburyでしょ」とか言っているが、明らかに違いますっ。
Washy


[PR]
by flyingshack | 2005-07-16 00:18 | サザンリビング(USA)
森の中の花園で、チューリップの競演
Garvan Woodland Gardens

教会のESLの先生に、花のきれいなところを聞いたら、教えてくれたのがここ。時期になったらチューリップがきれいだから行っておいで、と勧めてくれた。Webサイトを見たらTulip Extravaganza Begins! と書いてある。エクストラバガンザって言ったら、ド派手なお祭り騒ぎのこと。チューリップがどんなにすごいことになっているんだろうと思って行ってみた。

b0068732_13462596.jpgと、こんな風に前振りすれば、すこしアーカンソーに詳しくなった読者の皆さんには、その後の展開が読めるかな。そうなんです。結構地味でした。Webサイトによれば、7万本が咲き乱れるアーカンソー州一広いチューリップ花壇を見逃すな! とかすごそうに書いてあるが、日本最大級のチューリップまつりは、今や100万本規模。それも一カ所だけじゃなくて、一番有名な富山県の砺波市ハウステンボス、意外なところで北海道の上湧別町なんかが揃って100万本級である。次いで球根生産量日本一のまち中条町や、novaさんのふるさと島根県にある斐川町(4/8追加)が80万本。桁が違う。(文末に追加情報あり 4/9)

b0068732_13475161.jpgだからと言って、Garvan Woodland Gardensがハウステンボスの7%しかキレイじゃないかと言うと、そんなことはないと思う。ここがユニークなところは、園内のほとんどが自然の森の中なのだ。湖に突き出た半島に敷地があって、歩いていくと両側に湖面が見える。元々は地元ホットスプリングスの実業家Mrs. Garvanの持ち物で、彼女が独学のガーデニングで作り上げた庭園を、アーカンソー大学(University of Arkansas)に寄付したんだとか。

b0068732_1423641.jpg土曜日は最高のお天気。チューリップ目当ての観光客で、駐車場があふれていた。芝生広場ではウエディング・セレモニーが行われていた。チューリップとハナミズキに囲まれて、花嫁さんは最高にラッキーだなあ。ちなみにDocとわたしの結婚式は台風並みの嵐の日で、雷鳴で目が覚めた。(誰も聞いてないって) 

Tulip Extravaganzaは4月10日(日)まで。16日には"Denim and Diamonds After the Derby"という催しがある。ホットスプリングスの競馬シーズンの最後を飾るArkansas Derby(G2)の後、芝生でワイン、おつまみ、ダンスを楽しむらしい。ドレスコードは「デニム」。ジーンズをラインストーンつきのベルトなんかでドレスアップしてね、とのことです。いかがですか?


(4/9追記)novaさんが200万本のチューリップの名所を教えてくれました。島根の伯太町はこちら。ほかにもチューリップ自慢、お待ちしてます。


投票はここです(Washy)



Garvan Woodland Gardens情報
[PR]
by flyingshack | 2005-04-06 10:12 | アーカンソーの旅
ヨシノ、その実態


ただいま午後7時45分。夏時間のおかげで、まだなんとなく明るい。アパートの階下のテラスから、楽しそうな話し声が聞こえてくる。 さっそくアウトドアを楽しむ季節のはじまりだ。(さあ、2行ですよ。書いてるわたし(僕)は誰だ?) 下は1階で、リビングから庭に出入りできるようになっている。 日本のマンションのような個人の小さな庭に出られるというのではなく、アパートの広々した共有スペースが自分の庭状態。だからといって私物を置いたりはNGだが、さすが土地がいっぱいあるアメリカだけのことはある。

その庭にあるのが、ヨシノちゃん。我が家がソメイヨシノであれ、と願って勝手に命名した桜である。これが奥手で、全然咲く気配を見せずヤキモキしていたのだけれど、ここ数日でついに開花した。

これが実は…
[PR]
by flyingshack | 2005-04-05 10:06 | サザンリビング(USA)
春休みご近所ハイキング&ピクニック


b0068732_822369.jpgリトルロックの公立学校は、今週末まで10日間の春休み。天気がよかったので、Jさん親子と二日連続で、近所の公園オルソップ・パーク(Allsop Park)へ遊びに行った。

1日目はハイキング。夕方4時から歩き始める。写真でもわかるとおり、まったく山道なのだが、これでもアパートから車で3分の公園内だ。夕方の斜めの光を透かして、新緑がきれいだった。一本の木にぽっかり開いた小さな穴から、ジャージャー鳴く声が聞こえた。合唱だったので、ヒナ鳥が3羽くらい中にいるに違いない。

b0068732_8235122.jpg初めて歩く道で、どこに続くやらわからなかったが、突然よく行くスーパーマーケットのそばに出た。そこからは知っている道なのに、歩くといろんな新発見があった。スペイン風のアパート。なぜか「亀」がいる洋服屋さん。黄色い小花の生け垣がかわいい黄色いビューティーサロン。どこもディb0068732_8241932.jpgテールに凝っていて、歩く人の視線を意識している。ヒューストンでは歩行者が皆無に近いせいか、どこの建物も遠目で勝負してた気がするけどな。

2日目はピクニック。Jさんが唐揚げ、玉子焼き、梅干しおにぎりのお弁当を作ってくれた。わたしはキムチとミカンのみ持参で、ずうずうしくご相伴にあずかる。暖かかったので、水辺に子どもたちがいっぱいだ。この水辺、あんまり公園らしく整備されていないところがいい。要するに沢である。 


b0068732_8264281.jpg水遊びの後は、Washy vs. Kidで、全くラリーの続かないテニス。なんと、ネットもきちんと張ってあるきれいなテニスコートがタダなのだ。誰かが待っていたら1時間で譲ることになっている。この日は1組あきらめて帰ったが、そんなに競争が激しくないので、下手くそでも遠慮なく遊べる。
b0068732_8272071.jpgソフトボールグラウンドの脇ではredbudが花盛り。紫の小さい花が、プードルカットみたいなポンポン状に咲くおもしろい木だ。それから、華麗な白い桜を2本発見。でもまだ植樹したばかりで小さい。あと20年くらいリトルロックに住んでいたら、立派に花見ができるだろうな。


どう? リトルロックの生活。のどかでなかなか贅沢でしょ。


投票はここです(Washy)


[PR]
by flyingshack | 2005-04-02 08:31 | サザンリビング(USA)
ヨシノの姉です


b0068732_9513598.jpgついにリトルロックにも桜のシーズン到来! うちのバルコニーから見える桜が満開に近い。例のヨシノちゃんか、って? いやそれが違うのだ。うちでソメイヨシノと信じている桜の、お隣の木なのである。先に咲いちゃったので、「ヨシノの姉」と名付けた。

b0068732_938476.jpg



去年の秋に見たところでは、いかにも桜っぽい姿のヨシノちゃん比べ、お姉さんは葉っぱが濃い紫で細長く、とても桜餅に使えそうもなかった(下の写真で、左の黄色がヨシノ、右の紫が姉)。しかし、今咲いている花はまぎれもなく桜。花の直径が2cmくらいと小ぶりで、派手さはないのだが、近づくとしっかり、杏仁豆腐に似た「桜のにおい」がする。夕方、久しぶりの雨に打たれて、なんとなく色っぽい雰囲気まで漂わせている。雨よ、桜を散らすまじ。っていうか今晩トルネード来ないでよ!


b0068732_9365986.jpg一方のヨシノちゃんは、全然咲く気配がない。おおい、ほんとに桜なの? 芽はふくらんでいるようだから、生きてはいると思うけど。この調子じゃ、姉妹の競演はないかも。ヨシノちゃんには悪いが、今週のいつか、花見第一弾をするぞ。またお酒だ~い。

押してくれい(Washy)



ヨシノの話 その1 | その2 | その3

b0068732_6562322.gif
トラバでアメリカ横断・桜開花情報(桜みたいな花含む)はこちら
[PR]
by flyingshack | 2005-03-22 09:23 | サザンリビング(USA)