イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


タグ:アメリカで食べた ( 28 ) タグの人気記事
おのぼりさんLAへ行く その2 
今度は押しかけインターステートオフ会!



b0068732_164058.jpg今回リトルロックから来た「旅の御一行様」はオール日本人。ラボのボスHさん、同僚のKさん夫妻&ベビー、そしてうちの6名である。アメリカ人とスペイン人の同僚は今回お留守番だ。空港でミニバン1台を借りて、全員でアナハイムの学会場(写真)付近まで移動した。運転手はDoc。バスガイドはWashy(ウソ)。でも飛行機内に引き続き、なんだか観光バス気分だ。椰子の木を見てはワー、セブンイレブンにたむろしている若者を見てはワーと、なんでもかんでも大騒ぎである。特にKさん夫妻は、この学会を最後にLAからそのまま日本へ帰ってしまう。帰国準備をすっかり済ませた身軽な体で、最後のアメリカを楽しんでいた。

LA2日目、Docとわたしには大事なイベントがあった。ブログで知り合ったNovaさんとランチをしようというのである。でもミニバンに乗っていってしまうと、Kさん夫妻はどこへも行けなくなる。で、Docとわたしは大胆な両立作戦に出た。Kさんたちを拉致して、まだ見ぬNovaさんの家まで連れて行ってしまったのだ。

Novaさんの家の前に着いたとき、約束の時間を1時間も回っていた。真昼の日差しの下、白い壁のアパートから、Tシャツ短パン姿のNovaさんが現れた。カリフォルニアだ。Novaさんの方はぞろぞろ現れた赤ちゃん連れの一行を見て、どう思ったのか? とにかくそれが、ごた~いめ~ん(古)であった。Novaさんは動揺する様子もなく、部屋に案内してくれた。たいした人だ。友達のために釣り針を作っている最中だった旦那様の「クマちゃん」にも紹介してくれた。

b0068732_16402790.jpg飲茶を食べに出かけたのはその後。せっかくなのでお店の様子を紹介しよう。Monterey Parkの海運海鮮酒家は、わたしがConnieWestさんのところで飲茶が好きだと書いていたのを見て、Novaさんが選んでくれた店。ここぞ、という店だけあって、入った瞬間から活気が違う。もう飲茶タイムが終わり間近なのに。そもそもお店のある界隈は、何分走っても漢字が続いているような大きなチャイナタウン(LA中華街事情はNovaさんのブログへ)。車の中で、チャイナタウンの中にリトルロックが入っちゃうんじゃないの? とか冗談を言っていたほどだ。ワゴンを押しているおばちゃんたちも、もちろん中国系。席に着くなり何台ものワゴンが押し寄せてきて、魅惑的な点心をすすめるので、あっという間にテーブルの上が皿だらけになった。それをあっという間に平らげ、次を頼む。焼売(Pork Sil Myl)もエビ蒸し餃子(Shrimp Har Gow) も大根餅(Turnip Cake)も熱々でうまい! Flyingshack家の飲茶ランキングでは間違いなく全米Best3に入る店だ。

食後、Novaさんはちょうどタイムリーに開かれていたCherry Blossom Festivalに案内してくれた。その晩、DocとわたしはNova家に泊まる予定だったのだが、DocがKさん家をアナハイムに送るのが面倒くさくなり、なんとみんなで泊めていただくことになった。遠慮を知らぬリトルロック御一行様! 


その1 | その2 | その3 | その4 | その5 | その6 | その7 | 番外編



投票はここです(Washy)


[PR]
by flyingshack | 2005-04-24 18:00 | アメリカの旅
スタバ豆、タダゲット!


今日は主婦ネタですよ。ついにやりました! 日頃のレシートチェックが実り、先日スタバコロンビア豆をタダでもらってしまった。くれたのはdeさんも御用達のスーパーマーケット・クローガー(Kroger)。何が起こったのかというと、例によって棚に貼ってあった値札と、レシートの値札が違っていたのだ。店を出る前に気がついて、すかさずカスタマーサービスカウンターに文句言いに行った。すると差額どころかコーヒー豆代を全額返してくれたのである。これがクローガーのポリシーなんだとか。エライ! $3だけ返してくれるウォルマートよりもエライ! コーヒー豆は340g一袋$6.99。かなり得した気分になり、文句言いに行ったのに、ニタニタして帰ってきた。

というわけで恩返しというわけでもないが、クローガーの宣伝をしておく。リトルロックの高級住宅街ハイツ(Heights)にあるクローガーNorth Polk店では、デリで寿司を売っている。その場で握っている人のひとりは、東京にいた経験もあるミャンマー人のPさん。いつ行っても興味津々でショーケースを覗いているお客さんがいる。今回はツナロールとウナギロール(それぞれ$5台)を買った。味については、
b0068732_1449986.jpg
Shackat Survey

日本からでも買いに来たい       ★★★★★
ここが日本でもたびたび買いたい   ★★★★
ここが日本でもたまには買いたい   ★★★
また買ってもいい             ★★
もう買わない               ★

とすると★★ですかね。ウナギロールの方がおいしかったかな。今度はぜひカリフォルニアロールを試してみたい。それにしても日本でなら買わない程度で満足してる食生活なわけだね。


押してくれい(Washy)


[PR]
by flyingshack | 2005-03-23 14:34 | サザンリビング(USA)
ほんとうのSouthern Ladies Luncheon


b0068732_1711345.jpg毎週木曜日は教会の日である。と言ってもわたしはクリスチャンではない。Friendship International というのに行っているのだ。このプログラムって、駐在員の奥さんだったら、みんな知っているんじゃないかと思う。教会の人がボランティアで英語やクラフトを教えてくれるのである。しかも無料。ヒューストンにもあったので、きっと全米でやっているんだと思う。わたしにしては珍しく、みんな行ってるから行ってみよう、という感じでくわしく知らないまま参加している。

b0068732_1714090.jpg受けているクラスは、バイブルと英会話。この間、バイブルクラスでランチョン(昼食会)があった。先生が自分の家に生徒全員を招待してくれたのだ。家に着くと、ダイニングの大きなテーブルが、全員座れるようセッティングされていた。食器とテーブルクロスがブルーでコーディネートされて、とても素敵だった。リビングもまるでカントリーインテリアの雑誌のよう。写真を撮ってブログで紹介したいと言うと、プログラム・ディレクターのベッキーが、「これが本当のサザン・レディース・ランチョンよ」と言って微笑んだ。サザン・レディース。なんか自分がスカーレット・オハラとお友達になったような気分である。悪くない。

b0068732_1855911.jpg食事がまた、おいしかった。サラダとフルーツとマフィンが、一皿にかわいく盛られている。アメリカとは思えない控えめな量である。買った物を並べただけ、と言っていたけれど、ちゃんと選べばこんな風にできるのかと感心する。会話はいつものとおり、それぞれの家族のことがメインだ。数ヶ月前、はじめて教会に行ったときのこと。自分のことを話せと言われて、わたしは文字通り「自分のこと」をしゃべったのだが、他の人は「自分の家族のこと」を話した。ESLの自己紹介とは全く勝手が違う! 以来、ちゃんとしたクリスチャンは、いつも、家族あっての自分という話し方をするんだな、と思うようになった。そして誰かの家族に何かがあると、みんなで心配して祈ってくれるのだ。

b0068732_172980.jpgこの日は、イラン人の女性が、長年離れて暮らしている故郷の母親のことを話したのが印象的だった。普段かなり積極的な彼女が、さびしげな少女に見えた。帰りたくてもなかなか帰れない人にとって、Friendshipは学ぶ場というよりも、大きな心の拠り所になっているのだ。わたしももう少し親孝行しないとな。最後に、本物の素敵なサザン・レディース、ケイ先生&リル先生を紹介! ランチョンに呼んでくださって、ありがとうございました! 


押してくれい(Washy)

[PR]
by flyingshack | 2005-03-10 17:06 | サザンリビング(USA)
歯が欠けた その1 アメリカで歯医者に行く


b0068732_9573465.jpgコンピューターが直って帰ってきたと思ったら、また一難! 今度は歯ががっつり欠けてしまった。痛くはない。おいしいピザ屋さんで、クリスピーなピザをカリっとしたらいきなりである。しかし、15年以上前に大々的に治療した歯なので、しかたがない。こりゃ上の方全部削って、クラウンだな。それにしても、なんで今なの? 日本にいる間にもげてよ~。

これで数百ドルの出費は避けられなくなった。みなさんご存じと思うが、アメリカの歯医者は高い。でも歯の保険には入っているので、何もないよりはましだ。アメリカは日本と違って、国民皆保険ではない。職場を通じて民間の健康保険会社と契約するのが一般的である。また、体全般の保険、歯の保険、目の保険に分かれていて、Docの職場では体は必須だが、歯と目は任意である。うちは短期滞在ということで、体の方は職場の保険に入らず、豪華「旅行保険」(キラキラ~ン☆)でカバーしている。しかし、旅行保険では歯までカバーしていないので、職場で入っておいたのである。よかった。(ちなみに目は入っていない。)

それにしても、きのう(火曜日)予約の電話を入れたら、診察は来週の水曜日だって。1週間、欠けた歯を気にしながら生活するんかい。でも、すごく痛いのに、市販のTylenolなど飲んで数日待たされるよりはマシ。リステリン飲んで、じゃなくて使って、これ以上虫歯にならないよう気をつけよう。

その1|その2

押してくれい(Washy)

[PR]
by flyingshack | 2005-03-10 13:26 | サザンリビング(USA)
ナッシュビルの日本人御用達間違いない、炭火焼肉の店
KOREANA

b0068732_160836.jpgアメリカに来る楽しみのひとつは、本場のアジア料理だ。例えば韓国レストランに行くと、本場さながらにおかずの小鉢がいっぱいついてくる。メインディッシュの値段に入っているのだ。おいしい手作りキムチだってなんだって、おかわり自由である。日本でときどきあるように、キムチの素で和えただけの偽キムチ500円なんて馬鹿げたことがないのだ。

今回来るときも、すごく楽しみにしていたのだが、なんとリトルロックには、韓国レストランがなかった。うっそ~。ナッシュビルに行って、半年間抱き続けてきた焼肉の夢を、やっとかなえることができた。KOREANAは韓国レストランの中でも、かなり日本式に近い店である。テーブルの中央にロースターがあり、本物の炭火で焼く。カルビ(骨付き)とタン、さらにユッケ(生玉子のっけ!)も頼んだ。どれも日本だったら2人前以上。もちろん、サンチュ、サラダ、キムチ、モヤシナムル、ワカメ酢、ズッキーニ天ぷら、ライスなどの小鉢付き。これにサッポロビール2本で$60(チップ別)ってどうよ? 

Oprylandからも数マイルと近い。電話帳にも地図入り1ページ広告がダーンと載っているので、見つけやすいだろう。うちもホテルにあった電話帳を手がかりに行きました。リトルロックのみなさんにヨダレを垂らしてもらおうと思ったのだけれど、肉に夢中でメインディッシュの写真を撮るのを忘れた! しかたないので、おばちゃんがさっさと玉子をつぶしてしまったユッケの画像をお楽しみください。

やっぱり日本人御用達? ナッシュビル在住vandytakuさんのブログ


Korean & Japanese Restaurant KOREANA
1107 Gallatin Pike South., Madison, TN 37115
615-868-9393


押してくれい(Washy)

[PR]
by flyingshack | 2005-02-24 15:56 | アメリカの旅
餃子の夕べ


Doc房などという、特別室(おしおき部屋?)を設けてもらったものの、現在話題を検討中。もう少しお待ちを(誰も待ってないぞ!)。今日の話題は自分の部屋で密かに書く内容ではないので、「食卓」のカテゴリーでDocが発信しています。

昨日、本当はお客さんを呼んで餃子パーティーを開催する予定だったが、Washyの体調が少し思わしくなかった(結局たいしたことはなかった模様)ので、自分たちだけで餃子を作ることにした。赤ちゃんに風邪移しちゃうとよろしくないからね。ごめんなさい。

アメリカでも東洋系グロッサリーに行くと餃子の皮は手に入るのだが、どうも“モチモチ感”が少なくて、今ひとつ物足りないので(日本で売ってるのは、もっとペラペラ)、皮も作ることにした。以前から、よく作っていたので、大した問題ではない。

ここの住人は餃子の好みにうるさい。Washyが一口サイズでプリプリ、ツルツルと食べられる水餃子がいいと言えば、Docは、中身がパンパンにつまって、片側カリカリ、反対側モチモチの焼き餃子がいいと言い、結果的に自分の好みに合わせた皮を伸ばして、自分で包むことになる。中国人が見たら、なんて手際が悪くて、不格好な皮なんだろうと思うだろうが、そこはご愛敬。適当に作っても「それなりの物」ができるのが餃子のよいところ。中身も皮も適当な量を用意した割には、どちらもぴったりなくなって54個の餃子ができあがり(偶然?技?)。

さて調理だ。水餃子は、皮がもう少し厚い方がいいかな、中身ももう少し塩味があった方がいいかな。醤油をつけるとしても、もともとに味が少ないと物足りないのだ。焼き餃子は、焼け具合といいハネの付き方といい、かなりいい線(さすがDocさん年期がはいってる。自画自賛)。噛むと反対側から肉汁がピュ~ッと飛び出し、熱々の焼き餃子だ。あっという間に平らげた。
b0068732_5212079.jpgb0068732_5235869.jpgb0068732_5242782.jpg
いろいろ反省点はあるものの、自分的には合格点。リトルロックの中華料理は、すべて食べたわけではないが、どこもアメリカナイズされていて、餃子・春巻のたぐいはいまひとつ、いやいまふたつ。飲茶が楽しめるChi’sという中華レストランがあり、まずまずの味なので、たまに出かける(他に選択肢がないという説もある)が、少なくともそこよりは上と思われる(自分の好みに合ってるだけだろうけど)。これも、小岩庵のメニューに加えておこう。

そして、もう一つ。餃子には我々のお気に入り石垣島ラー油が大変合います(アメリカはもちろん、日本国内でも手に入りにくいことでしょうが)。持ってきて大正解!

reported by Doc

押してね♪ (Doc)

[PR]
by flyingshack | 2005-02-14 03:52 | 食卓
卵のこわ~い話 by Doc


とあるブログで話題になったので、コメントに書いているうちに長くなってしまった。
ひとのブログで長文を展開すると嫌われそうなので、自分ちに書くことにしました。

そもそも私は話が長い!特に酔っぱらうとそれは顕著である(絡み酒ではありませんが)。自分でも十分自覚しているつもりだが、しゃくなことに、いつも妻であるWashy(もちろんうちではこうは呼んでません)にたしなめられる。昔から治らないので、最近は開き直っている。ってな話はおいといて…。

さてさて、話題というのは、「アメリカにおいて生卵を食することの危険性について」である。

》続きを読む
[PR]
by flyingshack | 2005-02-07 12:42 | 食卓
日本の焼きそば


昼にインスタントラーメンを作ろうと思って、ゆで始めたが、どうも食欲がわかない。で、突然焼きそばに変更! ゆで汁を捨ててオタフクスパイシーソースをかけました。それだけでは正しい日本のインスタント焼きそばらしくないと思い、粉末チキンストックと揚げネギを入れ、最後に紅生姜、青のり、胡麻をかけました。う~ん、かなり日本の焼きそばだ!

b0068732_8122899.jpgちなみに私Washyの住んでいるのはアメリカの田舎Cityです。日本食材の店はありますが、日本製の焼きそばって売ってるのか知りません。(売っててもきっと高い) 今日使用したマルちゃんのインスタントラーメンは、普通のスーパーで8コ$1で買ったものです。なんて安上がりなランチなんだ。



揚げネギ…中華食材。ベトナムのフォーなどにも入っています。
       細かく刻んで揚げたものが、駄菓子のような容器に入って、
       $1ちょっとで売られています。
       揚げ玉のつもりで使うと、気のせいかエビの味がします。(入ってないぞ)
[PR]
by flyingshack | 2004-11-20 05:50 | 食卓