イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


<   2004年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
偽マニアの証明


- - -このおまけログはやっとかめ名古屋・三重の旅 その10の続きです。- - -

b0068732_1015488.jpgわれわれが実際に乗った経路はこれ。

b0068732_1554767.jpgでももっとマニア的に行くのなら、例えば志摩磯部起点のこんな一筆書き経路にすればよかった。
こうすると、
1. 重複する区間がなく、より大きく完全なループになっている。
2. 賢島-鵜方間の近鉄にも乗れる(近鉄志摩線の「完乗」達成)。

そこまでしなくても、と思ったわれわれは所詮偽マニアなのである。

余談。鉄道オタクの世界で「一筆書き」といえば、ふつうは一枚の片道きっぷでなるべく長い距離乗ることである。周遊券でなく片道きっぷであることに意味がある。今の日本では1万ナントカキロ、実際乗ると2週間以上かかる片道きっぷが買えるというのはオタクの常識。国鉄・JRの最長片道切符(Wikipedia)の旅は、昔も今も「乗り鉄」の憧れなのだ。
[PR]
by flyingshack | 2004-10-27 15:07 | 日本の旅
ShackBBS No.2
前の掲示板がいっぱいになったのでNo.2を作りました。
個々の記事に関係なく、何でも書き込める掲示板です。
この下のCommentsボタンを押して、ぜひなにか書いてってください。


ShackBBSアーカイブ No.1
[PR]
by flyingshack | 2004-10-02 00:00 | 掲示板
ShackBBS No.1 (12/21/04-02/19/05)
掲示板のアーカイブです。下のCommentsボタンを押すと読めます。新しい掲示板はこちら
[PR]
by flyingshack | 2004-10-01 23:59 | 掲示板
斜里岳登山コースタイム&裏話


b0068732_159853.jpg
◇こちらは裏話で本文はここです◇


標高差900m近い登山は久しぶりだったわれわれふたり。大学時代に山登りをしていたとは言え、体力は並みの40代(前半)。ただ下りに若干の不安がある。もちろん最近は杖持参。

さて、今回登りの行動をほぼ共にしていたのが、大阪から来たとおぼしきツアーのみなさん。自分たちより年上の方々が多く、それも女性ばかりの大パーティであった。登りは渡渉の多さもあって、ビデオ・写真を取りまくり鳥や花を見ながらも、このパーティに先行して行動できた。

b0068732_15101297.jpgしかし問題は下り。彼女らより15分ほど遅く頂上を出発したら、一度も追いつけなかった。それどころか登山口に着いたら午後5時。彼女らのバスは3時に迎えに来ると言っていたから、とてつもなく引き離されたことになる。しかも、みなさん前日には羅臼岳に登り、翌日は雌阿寒岳だという。きっと3泊4日の弾丸登山ツアーだ。すごい体力で尊敬するばかり。これじゃあリタイアしてから誰かに山に連れて行ってもらおうなんていうのは夢のまた夢だな。

* * * *

夏の日曜日なので、登山口の駐車場がいっぱいになるのが心配だったが、着いたらまだまだ余裕があった。

* * * *

登りも下りもあんまり参考にならないかもしれないけれど、まあこういうコースタイムもあるということで載せておきます(登山日:2006年7月23日)。

b0068732_15102992.jpg◆写真撮りまくりの登り(4h) ※2h30m
登山口(清岳荘)7:30---8:30下二股---(旧道)---10:20上二股---11:00馬の背---11:30頂上

◆ヨロヨロ&写真撮りの下り(4h20m) ※2h10m
頂上12:40---上二股---(新道)---14:30熊見峠---15:40下二股16:00---17:00登山口

※印は北海道夏山ガイド6(初版)掲載のコースタイム

b0068732_15421548.jpg清岳荘にある掲示板。


≫元のページ(本文)に戻る
[PR]
by flyingshack | 2004-10-01 14:14 | 日本のアウトドア