イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


カテゴリ:中西部の旅( 16 )
MWスペシャル その6 クリーブランドの学生街



b0068732_12431721.jpgクリーブランドにあってリトルロックにないもの、それは学生さんがたむろしている界隈である。クリーブランドのコヴェントリー(Coventry)は、大学そばのアパートに住んでいる学生が歩いてくるような街だ。

我々はまず、bd'sというモンゴリアン・バーベキューの店に行った。アメリカ在住の方はよくご存じと思うが、モンゴリアン・バーベキューは、自分の好きな材料を選んで鉄板で炒めてもらう料理である。食べ放題の中華レストランによくあるサービスだ。しかしここは、モンゴリアン・バーベキューの専門店なのだ。こんなところは初めてだったが、中西部にたくさんあるチェーン店らしい。

b0068732_12435264.jpgまず選ぶものはタンパク質もの。豚鶏牛ラムシーフードをボウルに入れる。次は野菜や麺。最後にソースを小鉢に入れて、鉄板のところへ持って行く。見よこの巨大な鉄板! 無駄に逞しく無駄に陽気なお兄様方が、長い棒の二刀流でバッサバッサとワイルドに炒めてくれる(なぜか写真はカヨワそうな人だけれど)。隣からパスタやエビが飛んでこようがおかまいなし(アレルギーがある人は事前に申し出る)。ソースが10種類以上から選べるので、レモンチキンなんb0068732_12441016.jpgてのもやればできるが、わたしはやっぱり豚イカエビネギもやし焼きそばにした。ソースも醤油&BBQ&モンゴリアンを少しずつブレンドしてみた。日本のソースを置いて欲しいなあ。お値段はバーベキュー、サラダ、スープ、ライス、トルティーヤの食べ放題ディナーで、$13.99。なんとこのチェーン、モンゴルのウランバートルに、先月大胆にも支店を出したんだそうな。ところでこれって本当にモンゴル風なの?

食後は近くのアイス屋さんのめちゃ甘いサンデー、Caribou Coffeeをハシゴ。もう閉まっていたが、学生さんの好きそうな雑貨の店もいろいろあった。活気を味わう、というか若者の精気を吸い取る(!)だけでもおばさんには面白いところだった。コヴェントリーの場所はbd'sの地図をご参照ください。


その5 | その6 | その7

Washy


[PR]
by flyingshack | 2005-06-07 14:10 | 中西部の旅
MWスペシャル その5 メモリアルデー連休おそるべし



b0068732_2524955.jpg夕方セントルイスに入った我々が、最初に向かった先は、バドワイザーの工場であった。工場見学が5時までとAAAツアーブックに書いてあったので、滑り込みセーフ! と思ったら、入口に「今日のツアーはいっぱいです、ごめんなさい」と看板が出ていた。がっかり。翌日朝一のツアー時間を聞いたら、10:00からとのこと。ツアーブックに書いてある時間より早いぞ。しめしめ、これなら翌日来られそうである。

b0068732_2534029.jpg続いてダウンタウンにあるゲートウエイアーチへ。セキュリティチェックの長い列に並んでいると、あちこちから「Sold out」の声が聞こえた。入ってみると案の定、今日てっぺんまで行くトラムは満席であった。ええ? 夜10時までの分が全部満席なの? がっかり。しかたない、ここも翌日朝一で来るか。


b0068732_2593049.jpg振られ振られて、ぶらぶらと野球場へ。ちょうどカージナルズとワシントンナショナルズ(元モントリオール・エクスポズ)の試合の真っ最中だった。窓口で、今日のチケット買える?と聞いたら、買えるけどもう6回だよ、とニコニコして言われる。しかも$26もする。あきらめた。がっかり。あーあ、こんなことなら最初っからスタジアムに来てればよかったよね~と二人。メモリアルデー連休の人出は甘く見てはいけないのである。

すごすご帰ろうとすると、その辺に座ってひとりで何か飲んでいた女性に話しかけられた。
「7回になったら、あそこのゲートが開いて入れるわよ、たぶん」
何かたいそう聞き慣れない訛りで、なんて言っているのかよくわからなかったのだが、聞いているうちに、本当にゲートが開いて、人々が出入りしている。
「じゃ、行ってみます。ありがと、バイバーイ!」
人波に紛れて、潜入成功! 一応係のおじさんが立っていたので、本当はイケナイことなんだと思いますよ。

b0068732_2595943.jpgこうして、ちょっとさびしい気分になりかけていた我々は、盛り上がるスタジアムの一員になれたのであった。バドワイザーセレクトを飲んで、観戦。Take Me Out to the Ball Gameを聞いて(歌詞があやふやでまた歌えなかった)、田口を見て、雰囲気を味わった。田口は一塁アウトだったけれど、ヒット性の当たりだったので拍手が湧いていた。次のプホルスは人気だけど凡打で拍手なし。アメリカ人ってやっぱり野球をよく見ているんだなあ。ちなみにこの球場ブッシュ・スタジアム(Busch Stadium)は、今シーズンいっぱいで取り壊しになります。


その4 | その5 | その6

Washy


[PR]
by flyingshack | 2005-06-06 03:27 | 中西部の旅
MWスペシャル その4 CWR大学周辺



b0068732_15161874.jpgこのままだとクリーブランドに全然たどり着きそうもないので、そっちはそっちで書き始めることにした。Docが修行しているのはCase Western Reserve University。1826年創立というから、アーカンソー州成立より古い! アイビーリーグとは比べものにならないまでも、アメリカでは歴史ある大学である。また4000あるアメリカの大学のうち、50位に入る優秀な学校らしい。

大学の周囲は、代表的な観光地だ。大学と病院、美術館、博物館、音楽堂が、ひとつの公園のように一体化している。木陰になった芝生に座っていたら北大キャンパスを思い出した。札幌の6月って、ちょうどこんな爽やかさだったなあ。気持ちよくて思わずうたた寝しそうになったけれど、さすがにアメリカだからやめた。

b0068732_1516466.jpg写真奥はショッピングモールみたいな研究所。
b0068732_15192360.jpgホテルみたいな病院。
b0068732_15173862.jpg池の向こうは美術館。

b0068732_072971.jpg学生生協だってこんなおしゃれ。

クリーブランドは先端産業の中心地でありながら、古いものを大事にするという気風があると、留学生ガイドかなんかに書いてあったが、大学周辺を見る限り、まさにそんな感じだ。

あえて難点を言えばですね、
[PR]
by flyingshack | 2005-06-04 14:08 | 中西部の旅
MWスペシャル その3 アーカンソーの田舎道



中西部スペシャルとか言っておきながら、まだアーカンソーのことを書いているんだから、しょうがないですね。リトルロックからセントルイスへ行くには、普通メンフィス経由のインターステートで行くらしいのだが、あえてUS67を通ってみた(地図)。きょうは途中の田舎道で見つけたどうでもいいものを紹介。


b0068732_66393.jpg1. 飛行機で農薬散布
黄色い小型機が曲芸飛行してるのかと思ったら、農薬をまいているのだ。あちこちでやっていた。うまく均等にまけるんだろうかと心配になる。
b0068732_665372.jpg2. タコベルKFC
どっちもYum! Brandsと言う同じ会社なんですね。都会にもあるんだろうか? フライドチキンとタコスが一度に頼めて、セットメニューが大好きなDocにぴったり。北海道の田舎にあるディーラーNissan Red & Blueを思い出した。
b0068732_673066.jpg3. アムトラックの駅
これはWalnut Ridgeという駅。なんだかいかにも田舎な駅名だ。
b0068732_612495.jpg4. サラ金
FAST CASH LOANSと書いてある。最近日本じゃ田舎にもこんな感じの店が多いが、アメリカにもあるんだ。

b0068732_639268.jpg5. カウンティ境の酒屋
ドライカウンティとウエットカウンティの境には必ず酒屋がある。ドライの方から買いに来るわけ。アーカンソーではおなじみの風景。

ミズーリ州に入ると急にガソリンが安くなった。みなさん、ガスはアーカンソーに入る前に入れましょう。


その2 | その3 | その4

Washy


[PR]
by flyingshack | 2005-06-04 06:08 | 中西部の旅
MWスペシャル その2 中西部への道



b0068732_13141882.gif今回のクリーブランドは学会ではない。Docはとある研究室に、短期弟子入りして修行を積んでいるのだ。ちょうどタイミングが合ったので、メモリアルデーウイークエンドの間に車で移動することにして、急遽ドライブ旅行と相成った。南部から中西部へと縦断する全く通ったことのないルートなので、ワクワクする。何があるんだろう?

出かける前日に何となく立てた計画はこんな感じ。中西部にはダイナーが多いとNovaさんが教えてくれたので調べてみたら、インディアナポリスにConnie's Dinerというのがあるらしい。そもそもどっかで聞いた名前だ(もちろんConnieWestさんのことだよ~ん)。それにコニーといえば♪V!A!C!A!T!I!O!N!のコニー・フランシス、♪キッスは目にして~のザ・ヴィーナス、はたまたポンキッキーズというわけで、フィフティーズの香りがしてくるではないか(一応年齢踏み絵になってます)。もうそこに行くことに決めて、じゃあ2泊目はインディアナポリス、1泊目はセントルイスということにした。

セントルイスって言ったら、やっぱり見るところはゲートウエイアーチ(Gateway Arch)かな、と二人。あと何あるの? カージナルス? そんなあやふやな感じで、とにかく出発進行!


その1 | その2 | その3

Washy


[PR]
by flyingshack | 2005-06-02 13:02 | 中西部の旅
MWスペシャル その1 クリーブランドに来ています



b0068732_2320119.jpgアメリカ在住のみなさんは、三連休のメモリアルデイウイークエンドでいろんなことしたようですね。休み明けになって一斉にブログの更新されて、長屋が賑やかになってます。さーて、これからどこに遊びに行こうかな。

かく言うFlyingshack家にも動きがありました。南部から脱出、これからしばらくはオハイオ州クリーブランド(Cleveland)からの更新になります。バケーションかって? Doc「は」働いてますよ。わたしの城は写真のようなstudio suite(キッチン付き長期滞在用ホテル)です。今どき、気の利いたところはワイヤレスインターネット使い放題なんですね。住み心地は悪くないですよ。


その1 | その2

Washy


[PR]
by flyingshack | 2005-06-01 23:21 | 中西部の旅