イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


カテゴリ:食卓( 13 )
変わり種ビール


b0068732_1443410.jpgdeさんちのお祝い、日ハム8連勝などなど、乾杯の機会の絶えない今日この頃。わが家で飲んだビールの類を紹介する。

≫で、なんで「ホタテ」なの(続きを読む)?
[PR]
by flyingshack | 2006-07-04 02:10 | 食卓
罪つくりな春の姫様


b0068732_15243429.jpgDocがまたアスパラガスをいただいてきた。この間はグリーンだったけれど、こんどはホワイト。しかも「朝採り」というお墨付きだ。

≫ところで、ホワイトアスパラってどうやって育つか知っていますか(続きを読む)?
[PR]
by flyingshack | 2006-06-02 13:01 | 食卓
不揃いのアスパラガス


b0068732_0454317.jpgDocが職場からグリーンアスパラガスを持って帰ってきた。いただきものをみんなで分けたとか。ぱっと見て、これは期待できるぞ、と思った。長さも太さもバラバラなので、店で買ってきたものではない。お庭で掘ってきてくださったか、それとも農家の人が規格外のものを持ってきてくださったか。だとしたら、朝採りかもしれない、なんて思いながら、夕食にゆでて食べた。せっかくなのでシンプルに塩だけつけて。Docはマヨネーズもつけてましたが。

b0068732_044457.jpg昔、アスパラはなんとなく穂先が好きだったけれど、新鮮なアスパラは根元の方がおいしい。穂先にはタラの芽みたいなコクがあるのに対して、根元はみずみずしくて甘みがある。この日のアスパラは穂先がちょっとシワシワしていたものの、根元を噛むと甘い汁気がジュッと出たので、やっぱり新しかったに違いない。

≫食欲増進話はここまで。ここからは減退話なのでご注意(続きを読む)。
[PR]
by flyingshack | 2006-05-16 00:47 | 食卓
ふきのとう味噌


b0068732_180560.jpg前回のエントリで取ってきたふきのとうで、味噌を作ってみた。作り方は北海道生まれでお酒の好きなミッチおじさんに教わった。
b0068732_1801927.jpgまずふきのとうを洗ってさっとゆでる。お湯が鮮やかな黄緑になってびっくり。これで染色ができそう。その後水にさらしてあくを抜く。早く上げすぎたらあくが強かった。ミッチさんは何分浸けていたっけ? 10分以上は浸けたんではなかったか(ネットで調べたところ一晩と書いてあるところもあった)。
b0068732_1803267.jpgさらしたふきのとうを刻む。もっと細かく刻めばよかった。
b0068732_1804538.jpg油で炒める。酒と味噌で味をつける。味噌は多めに。ふきのとう入りの味噌といった感じになる。今回は砂糖もちょっと入れてみた。もっとしっかりあくを抜くと、色もよくなりそう。ちょっと失敗したけれど、白いご飯にのっけたり、お酒の供にちびちびつまんだりして、ほろ苦い(いやかなり苦い…)春を楽しんだ。
b0068732_1885128.jpg前にミッチさんと作ったときは小学生と一緒だったので、小麦粉を練った生地で包んで長野のおやき風にした。ハンバーガーなんかに慣れているみんなが食べてくれるかちょっと心配だったけれど、喜んで食べていた。自分たちで取ったふきのとう、自分たちで練った生地だからね。
Washy


[PR]
by flyingshack | 2006-04-25 17:58 | 食卓
いももちの里帰り



b0068732_14195667.jpgdaidaiさんのブログで香ばしそうに焼けた「いももち」を見て、久しぶりに食べたくなった。いももちと言えば、われらが北海道の郷土料理。でも居酒屋で食べることはあっても、わが家はふたりとも道産子ではないので、意外と自分ではつくらないものだ。それが、ロサンゼルスの人に影響を受けて、つくり始めるというのもなんだか面白い。ちょうど家にジャガイモもある。前につくったのを思い出しながら、やってみた。

いももちのつくり方は、イモをゆでてつぶし、テキトーに片栗粉を混ぜて丸めるだけ。後は焼いてよし、みそ汁によし。ところが、いももちで失敗なんてしないだろうと思ったのが甘かった。使ったジャガイモの種類は、男爵よりデンプン質が多く、ホクホクした「キタアカリ」でいももちにぴったり。でもそのせいか、片栗粉を入れたら水分が少なすぎたのだ。丸まることは丸まったので、焼いたらなんとかなると思ったが、いつまでたってもデンプンが粉のまま、もちもちしてこないじゃないの。イモをゆでず、レンジでふかしたのも水分不足の原因かも。

しかたなく餃子みたいに水をちょっと入れて蒸し焼きにしたら、なんとかもちもちになってくれた。やっぱりあまりにもテキトーでは、いももちもおいしくできないようです。片栗粉は様子を見ながら入れないとね。

Chimayさんの湘南いももち(勝手に命名)はこちら

Washy


[PR]
by flyingshack | 2006-03-07 12:52 | 食卓
My Thanksgiving (in Japan)



先週のサンクスギビング、ご馳走の数々を在米のみなさんのブログで楽しませてもらいました。日本では全く行われない行事だけれど、わが家ではちょっとだけ、アメリカを思い出させるコトがありました。

b0068732_11385687.jpgまずは、七面鳥。日本ではめったに口にしない食材だが、これを食べた。帰国後初めて行ったStarbucksのターキー&クランベリーサンドイッチ。アメリカの味を懐かしんで頼んだものの、とても日本の味だった。どこがというと説明しづらいのだけれど、とにかく日本のサンドイッチの味。

再現してみたい方のために、もう少し詳細に説明すると、クランベリーの果肉入りパンに、ターキーハムとクランベリーソースが挟んである。ポイントはハムがスモークしてあること、マヨネーズ系のドレッシングにはブラックペッパーがよく利いていること、クランベリーがクタクタ煮ていなくてフルーティーなことか。おいしかったです。肉の量は100分の1羽分という感じだけれど。

b0068732_11402685.jpgサンクスギビングの日には、家でビーフシチューを作った。実は特にサンクスギビングだからというわけでなく、前日が勤労感謝の日で、近所のスーパーが祝日用に多めに用意したと思われる白老牛が売れ残っており、半額でゲットしたからなのであった。アメリカと関係あるのはここから。リトルロックから送ったスロークッカーを初めて使ったのだ。これは一緒にカヌーに行ったナイトさんから餞別にいただいたもの。わたしは今までアメリカでもスロークッカーを使ったことがなかった。電圧も違うし、ちゃんと煮えるのかなと心配だったが、なんとか無事シチューが完成しました(写真は制作中なのでいまひとつですが)。ナイトさんありがとうございました。



Washy


[PR]
by flyingshack | 2005-12-01 10:50 | 食卓
居酒屋シーンの最新メニュー?



b0068732_931874.jpgホテル暮らしの間は、居酒屋で晩飯、というパターンが多かった。大通付近の2軒の店で、これまで見たことないメニューに立て続けに出会った。これってトレンドなの? と思ったけれど、前からあるらしい。それは「さきいかのかき揚げ」だ。おつまみの普通のさきいかに衣をつけて揚げ、青のりをかけてある。さきいかそのままとは全く別物だ。言わずもがな、ビールにぴったり。

七味をかけてもいいし、青のりは衣に入れてもいいらしい。ソフトさきいかでもスルメっぽいのでもありらしい。味付けいらずで簡単らしい。いつも日本の味に飢えている海外組の皆さん、日本からの荷物にさきいかがまぎれていたら、作ってみてはいかがでしょうか?


Washy


[PR]
by flyingshack | 2005-10-21 09:04 | 食卓
日本のしあわせ



b0068732_22312996.jpgアパート探しで落胆し、ホテルの部屋の狭さに目が慣れず、歩道を走る自転車に脅かされ、街頭まで流れ出す家電店のテーマソングにあきれていた9月。久しぶりの日本で、わかっちゃいるのに、暮らしにくさばかりが目についていた。そんな頃、日本っていいな、と思ったのが、とある大衆中華の店だった。そもそもわたしは海外旅行から帰ると、和食よりもラーメンが食べたくなる口だ。それも、安い学生食堂なんかで出している、化学調味料がたっぷり入った昔ながらの正油ラーメン。できれば具の少ないチャーハンとセットがよい。

そこは札幌の大通公園にほど近い店。ランチタイムを過ぎているのに、店内はいっぱいだった。ビジネスマンや若い男の子たちに混じって、一人カウンターに座った。中華丼と迷ったが、あんかけ焼きそばにした(これらはどこでも麺とご飯が違うだけだ)。出来上がりから数秒で出てきた焼きそばは、上のあんも麺もものすごく熱々だった。そういえば久しくこんなの食べたことない。アメリカじゃ、何でもぬるいのが多かった。噂どおり訴えられるのかもしれない。テーブル全員分を一斉にサーブするせいかもしれない。口の中をヤケドしながらも、熱いのが好きなわたしはうれしかった。右手で焼きそばをすすりながら、左手にコミック。隣のオジサマは新聞を読みながら、中華風ステーキランチを食べていた。こんなお行儀悪いこと、アメリカじゃありえなかったよな。ああ、日本っていいなあ。

こういうささいなことで、しあわせを感じるというのはいいことなのか。それとも、こういうささいなことでしか、しあわせを感じられないのは困ったことなのか。どっちなんだろう、と思いながら食べた焼きそばであった。(写真は翌日同じ店に行ったときの、ザンギと肉絲焼きそばです。見て楽しむ人のために、クリックすると大きくなります。)


*文字だけだった過去ログに写真をつけてみました。9月以降です。お暇な方どうぞ。*

Washy


[PR]
by flyingshack | 2005-10-19 22:34 | 食卓
抹茶フラペチーノの謎



b0068732_14271488.jpgシアトルのm_seattleさんとリトルロックのキャサリンさんがアップしていた噂の「抹茶フラペチーノ」、飲んできました。リトルロックだってスタバくらいはさすがにあるんです、念のため。m_seattleさんが「シロップ抜き、クリームなし、かつエキストラ抹茶パウダーと頼むといい」と指南していたのをなんとなく思い出し、「Less sweetened, extra green tea」と頼んでみた。出来上がったフラペチーノは抹茶ソフトみたいでなかなかおいしかった。

b0068732_14273593.jpgしかし、ふと、カスタマイズの注文をメモしてある欄を見たら(写真)、「X-M, X-GT」と書いてある。X-GTはエクストラグリーンティーとして、X-Mって何? ひょっとして、エクストラメロンシロップってこと? だとしたら余計甘くしてもらったんだろうか? 英語が通じなかったのも悲しいけれど、余計甘いのをおいしいって飲んでいたのも由々しき事態である。1年のリトルロック滞在で、またもや味覚がアメリカナイズされてしまったのか?

でも全く同じものを一緒に飲んだマッチ君(元居候)も、日本から来たばかりなのにおいしいって飲んでたぞ。それともエクストラミルクだったの? まさかメロンシロップは甘くないとか??

どなたかX-Mって何か、知っていたら教えてください。
b0068732_14305023.jpg



Washy


[PR]
by flyingshack | 2005-08-10 14:16 | 食卓
Sonicなのにcafé



b0068732_853943.jpg日曜日、アパートの近くにSonicがオープン。さっそく行ってきた。Sonicはdeさんのブログにこう書かれているように、「車でレストランに乗り付けて、車に乗ったままドライブスルーにあるみたいな機械に向かってマイクを通してオーダーして、車に乗ったまま食べる」ファストフード店だ。Docとわたしはその「マイクを通してオーダー」というのが恐ろしく、今まで行ったことがなかった。

ところが新しくできたこのSonic、なんと車でなく、店の中で食べられる「イート・イン」タイプの店なのだ。これならオーダーも対面で安心、と思って中に入っていった。

ところが、
[PR]
by flyingshack | 2005-05-17 03:57 | 食卓