イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


カテゴリ:日本のアウトドア( 8 )
今年の別荘はオホーツク その10 サンダルで斜里岳
b0068732_10394360.jpg
自分がいくつの山に登ったのか、数えたこともないけれど、久しぶりにその数が増えた。日本百名山のひとつ、斜里岳。docは大学時代に登っている。斜里岳の姿は、実はこのブログにも何度か登場している。前回のエントリでじゃがいも焼酎工場の背景に見えているのがそれ。5月のエントリでも畑の向こうに雪山が写っている。網走や知床に行った人なら、そのフォトジェニックな姿がきっと印象に残っているはずだ。

≫登山口に着くと、観光バスが停まっていた(続きを読む)。
[PR]
by flyingshack | 2006-08-02 07:48 | 日本のアウトドア
標高629mの高山


b0068732_45141.jpg山歩きもこの季節にやっておかねばならないことのひとつ。近年、熟年のみなさんより明らかに根性のないわたしがお気に入りの山が小樽にある。塩谷丸山と言って、1時間半くらいで登れてしまう。標高だって629mしかないけれど、侮ってはいけない。高山植物だって咲いているし、他にもたくさん魅力があるのだ。

≫昼の12時頃家を出て、高速で小樽へ。そんな遅出なところからして根性がない(続きを読む)。
[PR]
by flyingshack | 2006-06-29 02:47 | 日本のアウトドア
優雅なキャンプの心得

*白老牛の炭火焼きバーガーができるまでの4コマ写真をお楽しみください*

b0068732_2151480.jpg速報にも書いたゴールデンウイークのキャンプ。どんなキャンプだったかはMORIHANAさんのところを見ていただくとして、ここには裏話を書こう(こんな展開、いつかあったなと思った方はまさかいないと思うけれど、deさんとのアーカンソーキャンプレポのときと同じです)。キャンプスタイルというのは人さまざまと思うけれど、MORIHANAさんのはかなり洗練されている。そのヒミツを考えてみた。スパークリングワインを開けたからって、優雅なキャンプになるわけではないのですよ。

≫まずキャンプ空間(続きを読む)。
[PR]
by flyingshack | 2006-05-12 20:20 | 日本のアウトドア
ゴールデンウイーク速報!


b0068732_1131997.jpg予告通り、出かけてきた。またまた盛りだくさん、お腹いっぱいの休暇になってしまった。その第一部は白老でのキャンプ。まずは一緒に行った「お洒落でお料理上手なブロガー」、MORIHANAさんのキャンプ記を覗いてみてください。flyingshack家のバックパッカーじみたキャンプのイメージが一変してしまうかも…(すべてMORIHANAさんのお力です)。

Washy


[PR]
by flyingshack | 2006-05-09 23:39 | 日本のアウトドア
経費削減大作戦 資料編

b0068732_201446.jpg


作戦が成功だったか、なんとなく検証する気になった。ここに2泊3日にかかった費用を書いておく。もちろん全部2名分。



<食費>
1日目昼  月見軒ラーメン(みそ・しょう油)             1350円
1日目夜  コンビニ飯(おにぎり・カップ麺・ビール等)       1268円
2日目朝  コンビニ飯(カップ麺・カップ雑炊・ヨーグルト)      632円
2日目昼  しんむら牧場クリームテラス(スープカレーセット)   2800円
2日目夜  十勝農産物の陶板焼き風とビール           1980円
3日目朝昼 スコーン・ベーコンポテト・スープ            2004円
3日目間食 ソフトクリーム                        500円
小計                                   10534円


<交通費>
ガソリン代                                  7620円
高速道路代(札幌北-夕張)                        2200円
小計                                      9820円


<その他>
日高町沙流川オートキャンプ場                      600円
上士幌町航空公園キャンプ場                         0円
ひだか高原荘温泉                             1000円
ナイタイ温泉亀の子荘温泉                         700円
亀の子荘コインロッカー代                          200円
アルコール燃料                                472円
紙皿                                       166円
保冷パック                                   100円
小計                                      3238円


計                                   23592円




うーん。結果的には札幌のホテルでじっとしていたほうが安上がりだったかも。


Washy



                            
[PR]
by flyingshack | 2005-09-28 16:53 | 日本のアウトドア
経費削減大作戦 その2



きのう、その1でキャンプでちまちま焼き物をした、と書いた。でもちまちましていたのは焼き方だけであって、量は結構なものだった。椎茸は直径5センチくらいのが15本くらいあったし、しし唐も30本はあったかな。ミニトマトももちろん1パック以上。全部1袋分だけ買ったのだけれど、残り物をホテルに持って帰ったところでどうしようもないので、せっせと食べた。

b0068732_20121567.jpg次の日の朝食は、アメリカンブレックファストとアフタヌーンティーを混ぜたようなものになった。前の日に上士幌町のしんむら牧場を訪ね、クロテッドクリームとスコーンを買ったので、さっそくそれを食べたのである。クロテッドクリームは、バターと生クリームの中間のようなこってりしたクリーム。イギリスの湖水地方でアフタヌーンティーをしたときスコーンに付けて食べて以来、日本でも手に入らないかなあ、と思っていた。そんなとき、札幌の物産展で見つけたのが、このしんむら牧場のもの。わたしの知る限り、他では見たことがない。

スコーンを焼くには燃料が足りなかったので、服の中にスコーンの袋を入れてあっためた。全然優雅なんてもんじゃないが、クリームとブルーベリージャムを付けて食べると、うまーい。DocがシアトルのSleep Innからくすねてきた、リプトンのティーバッグ紅茶もなにやらグレードアップしたような気がしてくる。

ちなみに、一緒に食べたのはキュウリのサンドイッチではなく、レンジでチンする冷凍フライドポテトをベーコンと焼いたものだった。ジャガイモの大産地でこういうものが売られていて、買う羽目になったのも不思議なものだ。もう一品は椎茸の軸とベーコン入り寄せ豆腐のたれスープ。おいしい寄せ豆腐にわざわざ化学調味料たっぷりのたれをかけるのは趣味ではないので、スープで敗者復活戦となった。

クロテッドクリームは、アメリカ人が見たら(たぶんイギリス人も)びっくりするくらいの高級品であった。値段は上のリンクをご参照ください。そんなこんなで、ホテル代を浮かす経費削減キャンプ大作戦が成功だったかどうかは、はなはだ怪しいものである。



Washy


[PR]
by flyingshack | 2005-09-28 15:58 | 日本のアウトドア
経費削減大作戦 その1


b0068732_2073646.jpgちょっとネガティブな話題が続いてしまったので、flyingshackらしいアウトドアネタをひとつ。ホテル暮らしはなにかと経費がかさむので、秋分の日の三連休、Docとわたしは大胆な節約作戦を実行した。それは…。もうわかった方もいますよね。キャンプです。

秋の北海道はおいしいものがいっぱいなので、とりあえず目的地を十勝方面に決めた。掘りたてのジャガイモ、玉ねぎ、秋鮭とイクラ… 毎年のことながらよだれが出る。しかし、我が家には大きな問題があった。おもなキャンプ道具、特にバーベキュー道具が倉庫の中、あるいは太平洋航路の船の中、なのである。せっかくうまそうな食材を見つけても、炭火で豪快に焼いたりできないのだ。しかし、われわれには秘密兵器があった。アラスカキャンプ用にアンカレッジで仕入れたバックパッカー用アルコール・ストーブだ。チーズフォンデュをあっためるアルコールランプみたいな小さなものだが、お湯くらいは沸かせるのだ。

1泊目は日高町の沙流川オートキャンプ場泊。近くのコンビニで買い物して夕食にした。それにしても日本のコンビニはキャンプにぴったりだ。アメリカのコンビニ飯だと、ドーナツと日清カップヌードルとピクルスとか、なんとなく変な取り合わせで、わびしい感じになってしまう。でも日本だとあったかいおにぎりなんかがある。しかも炊きたてご飯にイクラの醤油漬け入り。カップ麺だっていろんな種類があって迷う。日清の京うどん 天茶うどんというのにした。それに大根のなた割り漬けを付けた。え? アメリカの「ドーナツと日清カップヌードルとピクルス」とあまり変わらない? まあそういう話もありますね。

》続きを読む
[PR]
by flyingshack | 2005-09-27 17:13 | 日本のアウトドア
斜里岳登山コースタイム&裏話


b0068732_159853.jpg
◇こちらは裏話で本文はここです◇


標高差900m近い登山は久しぶりだったわれわれふたり。大学時代に山登りをしていたとは言え、体力は並みの40代(前半)。ただ下りに若干の不安がある。もちろん最近は杖持参。

さて、今回登りの行動をほぼ共にしていたのが、大阪から来たとおぼしきツアーのみなさん。自分たちより年上の方々が多く、それも女性ばかりの大パーティであった。登りは渡渉の多さもあって、ビデオ・写真を取りまくり鳥や花を見ながらも、このパーティに先行して行動できた。

b0068732_15101297.jpgしかし問題は下り。彼女らより15分ほど遅く頂上を出発したら、一度も追いつけなかった。それどころか登山口に着いたら午後5時。彼女らのバスは3時に迎えに来ると言っていたから、とてつもなく引き離されたことになる。しかも、みなさん前日には羅臼岳に登り、翌日は雌阿寒岳だという。きっと3泊4日の弾丸登山ツアーだ。すごい体力で尊敬するばかり。これじゃあリタイアしてから誰かに山に連れて行ってもらおうなんていうのは夢のまた夢だな。

* * * *

夏の日曜日なので、登山口の駐車場がいっぱいになるのが心配だったが、着いたらまだまだ余裕があった。

* * * *

登りも下りもあんまり参考にならないかもしれないけれど、まあこういうコースタイムもあるということで載せておきます(登山日:2006年7月23日)。

b0068732_15102992.jpg◆写真撮りまくりの登り(4h) ※2h30m
登山口(清岳荘)7:30---8:30下二股---(旧道)---10:20上二股---11:00馬の背---11:30頂上

◆ヨロヨロ&写真撮りの下り(4h20m) ※2h10m
頂上12:40---上二股---(新道)---14:30熊見峠---15:40下二股16:00---17:00登山口

※印は北海道夏山ガイド6(初版)掲載のコースタイム

b0068732_15421548.jpg清岳荘にある掲示板。


≫元のページ(本文)に戻る
[PR]
by flyingshack | 2004-10-01 14:14 | 日本のアウトドア