イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


カテゴリ:サザンリビング(USA)( 54 )
Doc房、増築。


新しくDocの部屋を作った。名付けてDoc房。おしおき部屋みたいですねー。

実際の我が家はなにしろ右の写真のとおりで(嘘)、アパートのワンベッドルーム(日本で言うと1LDK。狭そう~。)。個人の書斎などありえないのだが、空想の世界だけで作ってみた。

将来もっと余裕のある家に住んだとしても、たぶん書斎は作らないと思う。ふたりとも質素なお育ちなので、たいしてプライベート空間を必要としていない。わたしなぞ、勉強は食卓の上で、テレビを見ながらやった口である。なので今でも個室にこもると、かえって落ち着かない。いつか、でっかいリビングのある家に住んで、ほとんどリビングだけで生活してみたいと思っている。

今のところ、Doc房の中身はありません。Docさん、自由に使ってください。わたしは干渉しませんが、のぞき見はします。
[PR]
by flyingshack | 2005-02-10 09:45 | サザンリビング(USA)
ブログ生活最大の危機!


「スーパーボウルを見ました」なんてアメリカらしいコメントを書きたかったんですが、それどころじゃありません! 突然、コンピュータがぶっ壊れてしまいました。

アパートでワイヤレスLANのサービスを始めたので乗り換えたものの、しょっちゅう共用のルーターがおかしくなるので、まともにブログができない毎日。ついにこの土日、まったくつながらない状況になった。月曜日の今日、苦情を言いに行って、使えるようになったのもつかの間、今度は自分のラップトップが全く動かなくなってしまったのです。

これじゃ日中、ブログもできない、日本語レッスンの教材も作れない、補習校の手伝いもできない、写真の整理もできない。日記も3ヶ月分消滅したかも。どうしよう~。

パニックのあまり、ですます体になってしまった。今は夫、いやDoc(パニックのあまり夫になってしまった)のラップトップで書いていますが、今後どうなるんでしょうか。日本からコンピュータを持ってきている方、持ち込む予定の方、修理等でなにか参考になるかもしれません。今後に注目してください(ヤケクソ…)


押してくれい(Washy)

[PR]
by flyingshack | 2005-02-08 15:39 | サザンリビング(USA)
こどもたちのプレゼント


b0068732_15303440.jpgHファミリーの息子たちが、椿の花を拾ってプレゼントしてくれた。小学校の近くに咲いているんだそうだ。

息子たちはきれいなものが大好き。よく「きれいだね~!」と叫んでいる。その後に必ず「でもおかあちゃまの方がもっときれい!」と付け足すからおもしろい。


それにしても和菓子のような色だなあ。おいしそう。
[PR]
by flyingshack | 2005-02-05 15:32 | サザンリビング(USA)
ついでにハンティングネタ


b0068732_14435276.jpgLittle Rockのスポーツ用品店に行くと、どこもハンティング用品が充実している。かなり広い売場面積が迷彩になっている。

そんな中で見つけたのがこれ。見にくいですがベビー服です。レースがついてるから女の子用? これ着て森に行ったら、すぐ迷子になりそうだ。
[PR]
by flyingshack | 2005-02-05 14:46 | サザンリビング(USA)
安心できない避難所生活?


b0068732_13123820.jpgこの前Holla Bendの記事で、National Wildlife Refuge(以下NWR)について書いた。NWRは訳すと国立野生生物保護地区かな? その自然保護は日本より進んでいると書いたが、ただ「進んでいる」というより、日本とは性格が違いそうだ。

うちにある地図(DeLorme社製)を見ると、NWRについている記号は「ライフルを構えるハンター」だ。野生生物のrefuge(避難所)と言っておきながら、そこで撃っちゃうのである。

無論なんでもかんでも撃っていいわけではない。でも、日本の「鳥獣保護区」は一切狩猟できないので、大違いである。

さらにびっくりするのは、猟場としての整備が積極的に行われていることだ。例えば、車椅子のハンターでも隠れられる柴木の小屋を作るなど、施設をユニバーサルデザインに改善しようとしている。

その上で、ハンティング用品に国税をかけて、税収を自然保護に使っている。その額は年間170億円ほど(1999年)とか。ちなみに日本でも入猟税等は自然保護に使われており、年間39億円(2000年)だそう。

こうした仕組みでアメリカの自然は守られている。ハンターのみなさんは、キャンパーかつハイカーかつバーダーの我々なんかより、ずっと実質的に自然保護に貢献しているのである。
[PR]
by flyingshack | 2005-02-05 13:33 | サザンリビング(USA)
ゆかいなサザエさんのアメリカ日記、ってか。


たまには主婦らしい話題をひとつ。

知っている人も多いと思うが、アメリカのキッチンにはディスポーザーなるものがついている。シンクの排水口にぶちこんだ生ゴミを、ガーッと景気よく粉砕し、水と一緒に流してしまえという機械だ。数週間前、これが止まった。

で、きょう、やっと、アパートのメンテナンス兄さんに直しに来てもらったのだが…

リセットボタンを押したら動いた。

その時ひらめいた。6年前まで住んでいたHoustonで、いつもリセットボタン押してたじゃんか~。人間、忘れるものだ。いやWashyだけか。

そんなわけで、忘れないよう、今ブログに書いている。


写真は、このところの陽気で花が咲いたアパートの大木。きょうもいい天気、ってか。

b0068732_645090.jpg
[PR]
by flyingshack | 2005-01-27 06:07 | サザンリビング(USA)
春遠からじ


b0068732_13125179.jpgこの週末は朝晩氷点下だった。アパートの敷地でこんな花を見つけた。毎日車で上り下りするヘアピンカーブの曲がりのところにひっそりと、というか堂々と咲いているのだが、色合いのせいか今まで気がつかなかった。いったい何の花? とにかくうれしい春の知らせだ。
[PR]
by flyingshack | 2005-01-25 13:12 | サザンリビング(USA)
ブログ生活の悩み?


b0068732_8232041.jpg最近わたしが、どんなもんなんだろね~と思っていること。それはWashyのキャラづくりである。

昔から思うのだが、わたしの文章はオッサンぽい。ここの管理人はオッサンだと思っている人もいるのでは? (いたらコメントに書くように…) もうちょっと女性っぽくしようか~、もうちょっとくだけた感じの方が読みやすいか~、「とか」とか「なんか」なんかを多用してもいいか~、と思うのであるが、どうしても今の調子が落ち着く。最初のうち使っていた「です・ます体」はどうも座りが悪い。ベテラン主婦でございます~、って感じがしない? だからって「と思いマス☆」というのもあり得ないし…う~ん。

ま、なるようになるだろう。

ちなみに右はL. L. Beanで作成したWashy像。身体の各部位のサイズや髪の色等を入力すると、マイモデルが作れる。着せ替えもできる。さっきこっそり水着も着せてみた。でもこれってどうよ? 似てるの?


今日でblogランキングにエントリーしてから1週間経った。海外旅行部門とアウトドア全般部門に参加している。アウトドア部門では、見事20位にランクイン! と言っても得点45点(つまり1週間の投票数15票、うちDocとWashyが10票くらい)なんだが…とにかく、5票入れてくださった方々、ありがとうございました。

ちなみに同じコンピュータから一日一票投票することができる。投票したくなった方、右のサイドバーにある「人気blogランキング」ってところを押してください。


あと、もう一つ、どんなもんなんだろね~と思っていること。それは、「週間OUT」が「週間IN」の5倍くらいあることだ。blogランキングに行くとわかると思うが、

INはこのブログ→人気blogランキング
OUTは人気blogランキング→このブログ

という人の流れである。OUTが多いということはつまり、人気blogランキングのページを見て、おもしろそうだなと思って来てみたものの、つまんね~と思って帰る人が多いということか? これは、中身をなんとかしたほうがいいのか? それとも、ランキングのページに載せているコピー(もちろん自分で書く)がよくできていると思うべきなのか?

ひとつ言えるのは、観光ガイドみたいな体裁で書いているが、ほとんどのお客さんには全然役に立たない、ということだ。これはWashy全然気にしてません。それから記事に北海道の人にしかわからない話が平然と出てくる。これも気にしていない。「北海道人が書いているアーカンソーのガイド」、そういう一般性のないものを、これからも書こうと思っている。じゃ、次回から北海道弁で書くか?
[PR]
by flyingshack | 2005-01-20 06:04 | サザンリビング(USA)
はじめてのアメリカン・ウエディング列席


土曜日、友達と「全然知らない人」の結婚式に出てきた。花嫁の母は、Washyが毎週行っている教会のFriendship program(各国の人が英語やクラフトなどを学ぶ)の世話人さん。なにしろこっちに来たばかりなので、お母さん自体ほとんど知らない人。でも生徒全員が呼ばれたのをいいことに、のこのこ行ってみた。なんとDocもヒマなのでついてきた!

しかし、招待を真に受けて来た人は少なかった。おおい、陽気なラティーナのみんなはどうしたの~? 式にはマイノリティーも少しはいたけれど、レセプション(披露宴)会場はアングロサクソンだらけだった。突撃ルポじゃとばかり「潜入」してきたが、200人からいる巨人の森の中で、東洋人のわたしたちはめちゃくちゃ浮いていた。お母さんはいろんな人種の人をまとめる存在だけど、家族のお友達はみんな白人なのね。と少々複雑な気持ちになった。

ま、Arkansasはそんなところなので、しゃーない。いろいろ観察してきた。とにかく盛大な式だった。弦楽四重奏で始まり、パイプオルガン、トランペット、声楽と、すべて生。ブライズメイドとアッシャーは8人ずつ。プロテスタントの教会は質素と言われているけれど、花とたくさんのキャンドルで、とてもゴージャスだった。

その割りに列席者にはカジュアルな格好の人もいた。特に式だけで帰った人。男の人はダークスーツにネクタイが最高で、最低はシャツ一枚。女の人はまちまちだが、ちょっときちんと感のある街着という感じ。かわいい目のセーターにスカートという女の子も。意外とスーツが少なかった。

一方、レセプションに出た人は比較的きちんとしていた。でも全体に地味。アクセサリーも目立たない程度。うちにあった本には結婚式に黒はダメと書いてあったが、黒いワンピや黒いアンサンブルがたくさんいた。日本の結婚式のごとく派手なドレスなんぞで着飾って行ったら間違いなく浮く。着物は喜ばれるかもしれないけど。(ちなみにこれは、町唯一のインドアモールでも、ビーサン履いてる女の子がいっぱいという田舎シティの話ですので、念のため。)

レセプションも教会の中。よってアルコールなし。またか~。飲み物はコーヒーとジュースだった。リフレッシュメントが華やかに盛りつけられていたが、行ってみたら全部チョコレートだった! ときどき一口チキンサラダとかチーズ味のペストリーが盛られたお盆を持って、黒人のお姉さんたちが回ってくる。部屋の中の黒人はこの人たちだけであった。そしてウエディングケーキ。おいしいかも、と思って取ったら、やっぱりいつものやつと同じだった。Very sweet!

プレゼントはゲストブックの近くに置いておくようになっていた。いちおう置いてきたし、全然知らない花嫁&花婿に、下手くそな英語でお祝いも述べてきたぞ! そんな関係でもなにがしかシェアできると考えるのはアメリカのいいところかもね。

b0068732_14563917.jpg
巨大な教会のサンクチュアリ。
壇上の人の小さいこと。これでも中くらいの座席から撮っている。
式の最中はもっと暗くて、キャンドルが厳かな雰囲気だった。
日本みたいにみんなでバシャバシャ写真撮りまくったりは無しです。
[PR]
by flyingshack | 2005-01-12 14:35 | サザンリビング(USA)
トイプー・ルカくんが来た


b0068732_813978.jpg
土曜日はいろんなことがあった。まず、かわいいお客さんがうちに来た。トイプードルのルカくん。飼い主(ママ)はブログ友達でもある、キャサリン(日本人です)。パパは獣医さんである。半年前にこちらに来て、3ヶ月前にはすでに犬を飼っていた。すごい行動力である。さらに、今月中にもう1頭仲間入りするんだとか。いやいや、うちと同じ頃こちらに来たのに、頭が下がる。

このルカくんをきっかけに、Docに犬ブームが起こっている。ネットで各犬種の特徴について調べているようだ。犬種によって共通の性格があるのが興味深いらしい。今まで日本のペットブームにも全く動じなかった我が家だが、最近はバック・トゥ・ザ・フューチャーを見て「アインシュタインはオールド・イングリッシュ・シープドッグだね」なんて言っている。どうしたことだ。

ルカママ・キャサリンがうちに来た感想はこちら

b0068732_824565.jpg
[PR]
by flyingshack | 2005-01-11 08:04 | サザンリビング(USA)