イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


続・やっとかめ名古屋・三重の旅 横浜でもやっとかめ 2

--------------------------------------
6日目 横浜-札幌
--------------------------------------

b0068732_22334028.jpgFさんたちと再開した夜、わたしたちはどちらの実家にも帰らずパーティ会場のそばに泊まった。飛行機+ホテルのパック利用だったので、横浜のホテルをつけたのである。この際ちょっと贅沢してホテルニューグランド。リトルロック出身のマッカーサー元帥が泊まったことで有名なホテルだ("リトルロック出身の"というところは全然有名じゃないけれど。彼の生家に行った話はこちら)。





b0068732_22335964.jpgパックだからどうせたいした部屋じゃないだろうとタカを括っていたら、横浜港の夜景が一望できる高層の部屋だった。みなとみらいの観覧車の明かりが深夜消えることを初めて知った。消える前に写真を撮るんだった(小市民)。
翌日は、わたしの母と弟に出てきてもらい中華街でランチをした。実家に帰る代わりということで。飲茶という弟の希望で店を探し歩いていたら、景徳鎮という店の前で母が動かなくなった。どうしてもそこに入りたいらしい。そこは強烈な香辛料の香りを発散している四川料理の店。母はことのほか辛いものが好きなので中華と言ったら四川なのだ。弟の希望は完全に無視され、景徳鎮に入った。重慶飯店に比べるとずいぶんリーズナブル。でも麻婆豆腐は花椒たっぷりで刺激的、坦々麺は赤く辛く、本格的四川だった。さっきニューグランドで朝食ブッフェをしたばかりなのに、食が進んでしまうとはさすが四川の力。
b0068732_22595862.jpgb0068732_2304310.jpg
b0068732_231692.jpgb0068732_231183.jpg

腹ごなしにブラブラしながら食材を買い込む。ピータン、ビーフン、花椒、ザーサイ、松の実、プーアル茶などなど。札幌で買うよりずっと安い。でもリトルロックと比べると高いかな。それにそうしょっちゅうは来られない。母は干しシイタケ、干しアンズなどを買っている。弟は豆板醤と甜麺醤。麻婆豆腐を作るらしい。

b0068732_23294265.jpg開廟したばかりの横濱媽祖廟を見たり、お腹一杯のはずなのに肉まんを買い食いしたりしていたら、雨がバラバラ降ってきた。スタバに逃げ込む。ここで判明したのだが、うちの弟君、茅ヶ崎生まれの茅ヶ崎育ちなのに、今まで一度も中華街に来たことがなかったそうだ。ちなみにスタバも初めてだったそうで、なんとも浮き世ばなれしたヤツである。あ、普通に社会人している男ですよ。

最後のやっとかめな再会はわたしの家族ということで、ようやくこの旅は本当にいっかんの終わりです。では締めくくりに、前日食べた雲呑麺と排骨麺の画像でもお届けしましょう。ハイハイそうです。単なるイヤガラセです。
b0068732_23501514.jpgb0068732_23503429.jpg


previous | index


Washy


[PR]
by flyingshack | 2006-07-31 22:19 | 日本の旅
<< 今年の別荘はオホーツク その9... 続・やっとかめ名古屋・三重の旅... >>