イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


ちょっとさいはてまで


b0068732_0244694.jpgさてここはどこでしょう。日曜日に見てきたノハナショウブの群落です。





b0068732_045721.jpg次の写真を見たら、札幌の人はわかるだろうか。ここは石狩川の河口に広がる「はまなすの丘」と呼ばれる砂丘。なんとなく「最果て」っぽい景観だけれど、実際は札幌の隣、石狩市にあって、家から車で1時間足らずで行けるところである。

この日はワールドカップの3位決定戦を見た後、二度寝をして昼前に起きた。それからおもむろに昼を食べに出かけ、3時頃に札幌を出たのであった。

b0068732_2383252.jpg草原にはハマナスやハマエンドウが彩りを添え、カワラマツバの花が黄色い泡のように揺れていた。ここのハマナスは強い風のせいか、草のように背が低い。砂丘を覆うグラウンドカバーのようである。いつものように草原の夏鳥ノビタキ(Yachoo!)がいて、風にもしなる頼りなげなヨシにつかまって、澄んだ声でさえずっていた。面白かったのはトビ。草むらに何か落とし物をしてしまい、それを回収するのにやたらと手こずっていた。ちょっとくらい歩いて取りに行けばいいのに、飛行機で言うタッチアンドゴーをしたいらしい。3羽がかりで回収に失敗しては、また風下に旋回してやり直しをしていた。

b0068732_1202186.jpgここは、灯台のそばは人が多いのだが、木道が果ててしまうとすぐ人気もなくなる。石狩川がどうどうと海へ流れ出す砂丘の先端まで行くと、いつも人っ子ひとりいない。心細さからして立派に最果てである。さえぎるものがないので風にも吹きまくられる。Tシャツの上から長袖のフリースを羽織ったが、ちっとも大げさではなかった。

b0068732_2395047.jpgわたしはきっと、寂しいところが好きなんでしょうね。たまにこういうところに行きたくなる。ずっと居ろと言われたら、反動ですすきの通いしちゃうかもしれないけれど。

Washy


[PR]
by flyingshack | 2006-07-11 00:47 | 北海道の旅
<< 今世紀初のニッカ参り ウイーンフィル付きピクニック >>