イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


北国ガーデニングのお手本


b0068732_061742.jpg昨年アメリカから戻ってきて、この春再開しようと思ったけれど期を逸してしまったこと。それはベランダガーデニング。今からでも遅くはないのだろうけれど、なんとなく今年はやめたモードになっている。





b0068732_085297.jpgそんなときは、よその庭でも愛でて夢だけふくらませるのが一番。また百合が原公園まで行ってきた。ここは5月に青いムスカリをエントリしたところだ。7月は「ゆり月間」とかで、公園が一番賑わうシーズンなのだけれど、ユリの見頃はまだまだだった。でもガーデニングの参考になるのは実は今頃かもしれないのだ。

b0068732_045946.jpgb0068732_052669.jpgこのうちのほんの一角だけでも再現できたらすごいなと思うのが、パーゴラ広場のボーダーガーデン。日当たりのよい花壇に適した宿根草でデザインされている。ここに生えているということは、札幌でも植えっぱなしで冬越しするということ。一年草ばかりのベランダガーデナーにとっては憧れの植物たちがいっぱいだ。

b0068732_094611.jpg近くの緑陰には、涼しげな白い花がいっぱいについた木が。バイカウツギである。いつまでたっても名前が覚えられない木で、いつもフィラデルフィアみたいな名前とか言っている。本当の名前はPhiladelphus。本場のイングリッシュガーデンで名高いSissinghurst Castleにも咲いていたっけ。バーベキューなんかする庭の片隅にあったらそりゃ爽やかだろうなあ。と、いい香りに包まれて妄想モードに入るのであった。

b0068732_01025100.jpgあと、庭があってもたぶん植えないとは思うけれど、ルピナスも花盛りだった。いろいろ見たと思ったけれど、百合が原のウェブサイトをチェックしたら、オールドローズやシャクヤクも見頃だったらしい。

b0068732_0105513.jpgそんなところを通り過ぎて、ムスカリの後がどうなっているか見に行ってしまった。予想通りというかなんというか、こんな雑草の原っぱと化していた。やっぱり現実のガーデニングというのはこういう側面も直視せんといかんのよね。


Washy


[PR]
by flyingshack | 2006-07-05 18:21 | ノーザンリビング(札幌)
<< ウイーンフィル付きピクニック 変わり種ビール >>