イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


恐怖のエレベーター


b0068732_16591645.jpg日本では毎日のようにエレベーターで起きた死亡事故のニュースが流れている。それでリトルロックのぼろっちいエレベーターを思い出した。アパートのやつなんて、自動ドアの外にノブのついたドアがついていたよなあ。アンティークかと思った。

Docが働いていたビルもかなり古くて、エレベーターも年季が入っていた。不具合はしょっちゅう。たまにしか行かないわたしまでが運良く体験できたくらいだ。そのときは3Fのボタンを押したのに、扉が開いたら5Fだった。3のランプがついてるのに! こんな感じでデタラメに上がったり下がったりを繰り返し、乗り合わせた人とどっちが先に降りられるか勝負、って感じであった。

こんな体験の後、知り合いからその人の職場であったエレベーター事故の話を聞いた。





b0068732_18584085.jpg怖がりな方はこの先読まない方がいいです。それは日本で今ニュースになっている事故と同様、扉が開いたまま動き出したエレベーターに挟まれた死亡事故だったそうだ。しかしこちらの場合、挟まったのが首だったので切断されてしまったらしい。その男性は慌てて乗り込もうとして、閉まりかけた扉に首を挟まれた。そのときエレベーターの中には女性の先客がひとりいた。そして事故が起こり、エレベーターは非常停止。彼女は首と一緒に箱の中に閉じこめられてしまったのである。

なるべく淡々と書いたのに自分で怖くなってしまった。この話を聞いたとき、エレベーターへの駆け込みは絶対にやめようと思った。乗り降りは迅速に、というのを帰国までずっと心がけていた気がする。でも最近すっかり気が抜けて注意しなくなっていた。いかん。

日本ではなぜかシンドラー社ばかりが槍玉に挙げられているけれど、調べたら他の会社のエレベーターだって、一定の率で事故が起こっているに違いない。みなさん、気をつけてくださいね。

*写真はイメージで、エレベーター事故とは一切関係ありません。

Washy


[PR]
by flyingshack | 2006-06-10 15:52 | ノーザンリビング(札幌)
<< やっとかめ名古屋・三重の旅 そ... やっとかめ名古屋・三重の旅 そ... >>