イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


Sunday Afternoon for $1  -日曜の午後を1ドルで-


b0068732_5454121.jpgアメリカでよく見ていたFood ChannelのTVショーに、$40 a Dayというのがある。看板レポーターのレイチェル・レイがアメリカ各地へ飛び、40ドルの予算で朝から晩まで食べ歩くという番組だ。40ドルといえば今は4500円くらい。ファストフードばかり選べば簡単に達成できるだろうけれど、それじゃおもしろくない。結構おしゃれなお店に入り、おいしそうなものをお腹いっぱい食べて、40ドルに見事収める。チップも15%は払うし、カクテルを飲むこともある。食べる以外にも、お金のかからない観光やスポーツ体験を見つけてくるので、感心して見ていた。ちなみにFood Channelは料理の鉄人アメリカ版を放送しているケーブルテレビ局。





b0068732_8454226.jpgさて、日曜日は、この$40 a Dayに出てきそうな節約かつ贅沢な午後を過ごしてしまった。気持ちのいい青空だったので、昼食を済ませた後、またまたムスカリ咲く百合が原公園へ。今度はDocと一緒。前回つぼみだったチューリップが色づいて、いっそう彩りあざやかになっていた。さらに八重桜がほぼ満開、ライラックもほころび始めていて、早春から初夏までの花を一度に楽しんだ。

b0068732_7131415.jpgさらに思わぬ出遭いがあった。ムスカリのすぐ脇の樹洞を巣にしている小さなヒガラ(YACHOO)夫婦の子育てを盗み見したり、あまり見かけないモズ(YACHOO)を発見したり。双眼鏡を持って行かなかったのが悔やまれるけれど、どの鳥も人を怖れていないらしく、肉眼でも識別できるくらいの距離まで近づいても大丈夫だった。

今回も自転車で行ったので交通費はかかっていない。公園は入場無料。だからって、ちっちゃな公園じゃないんですよ。ありがちな表現で言うと、東京ドーム5個分の広さに花と緑がいっぱいだ。ガーデニング相談も無料で受け付けているとか。

b0068732_7144753.jpg無料で花を楽しんで、番組みたいなのはいよいよこれからです。公園から出てすぐ、Docが六花亭の看板を発見した。こんなところに店を出しているとは知らなかった。ちょっと寄り道して覗いてみよう。ところで、このワンコはどなた?

b0068732_7135735.jpgこの六花亭(百合が原店)の中には、菓子売り場に併設されたカフェがある。大きなガラス窓からパンジーやエニシダで飾られた庭が見え、開放的な雰囲気。公園の続きみたいな気分になれるところがいい。メニューを見て???となった。シフォンケーキ110円? 何かの間違い? さらに、帯広の本店や円山店と違って、セルフサービスのコーヒーは無料で、おかわり自由なのだ。Docは生チョコシフォン、わたしは季節限定プチフールのアソートを注文。会計はふたりで490円なり! Docだけだったら110円、約1ドルで済んでしまったところだ。これならレイチェルも大喜びするに違いない。

工場の白い服を着たおばちゃんが、伝票を置きに来たのもおもしろい。試食コーナー的な考え方なのだろう。それにしては贅沢な空間だこと。まあ結局はおみやげにホールのシフォンケーキだのなんだの買ったりして、1ドルじゃ済まなかったりするんですけどね。

Washy


[PR]
by flyingshack | 2006-05-21 05:43 | ノーザンリビング(札幌)
<< 今年の別荘はオホーツク その2... 今年の別荘はオホーツク その1... >>