イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


カモがやってくる湿原のトレイル

Bell Slough WMA

b0068732_1312279.jpg書き残したアーカンソーネタを、たまには書かないと忘れてしまう。ここは去年の3月に行ったリトルロックのそばのハイキングトレイルだ。I-40をMayflowerで降りて、リトルロック方面へ少し戻ったところにある(地図)。山ではないし1周2.3マイルなのでお気軽に散歩できる。3月初旬は新緑には早かったが、ちょうど芽吹きの季節で、それぞれの木がそれぞれに個性あふれる新芽を出していた。木の名前も普通なら板に書いてあるだけだが、ここでは平らな石にイラスト付きで描かれている。マンガチックでないところがなんとおしゃれなことか。日本で自然教育に携わるお役人もぜひ真似して欲しいものだ。

b0068732_1305592.jpgトレイルの2カ所にフォトブラインドがあって、湿原にやってくる鳥や鹿を、陰に隠れて観察できる。双眼鏡も備え付けられている。わたしたちもバードウォッチング目当てで行ったのだけれど、よく見えたのは鳥ではなく、曲芸飛行する飛行機だった。ちなみにここではハンティングが許されているので、上のリンクの注意を読んで、撃ち殺されないようにしましょう。


Washy


[PR]
by flyingshack | 2006-03-15 12:55 | アーカンソーの旅
<< 北の国からの続編 富良野で山盛り >>