イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


いももちの里帰り



b0068732_14195667.jpgdaidaiさんのブログで香ばしそうに焼けた「いももち」を見て、久しぶりに食べたくなった。いももちと言えば、われらが北海道の郷土料理。でも居酒屋で食べることはあっても、わが家はふたりとも道産子ではないので、意外と自分ではつくらないものだ。それが、ロサンゼルスの人に影響を受けて、つくり始めるというのもなんだか面白い。ちょうど家にジャガイモもある。前につくったのを思い出しながら、やってみた。

いももちのつくり方は、イモをゆでてつぶし、テキトーに片栗粉を混ぜて丸めるだけ。後は焼いてよし、みそ汁によし。ところが、いももちで失敗なんてしないだろうと思ったのが甘かった。使ったジャガイモの種類は、男爵よりデンプン質が多く、ホクホクした「キタアカリ」でいももちにぴったり。でもそのせいか、片栗粉を入れたら水分が少なすぎたのだ。丸まることは丸まったので、焼いたらなんとかなると思ったが、いつまでたってもデンプンが粉のまま、もちもちしてこないじゃないの。イモをゆでず、レンジでふかしたのも水分不足の原因かも。

しかたなく餃子みたいに水をちょっと入れて蒸し焼きにしたら、なんとかもちもちになってくれた。やっぱりあまりにもテキトーでは、いももちもおいしくできないようです。片栗粉は様子を見ながら入れないとね。

Chimayさんの湘南いももち(勝手に命名)はこちら

Washy


[PR]
by flyingshack | 2006-03-07 12:52 | 食卓
<< 富良野のバーにて 富良野の居酒屋にて >>