イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


歯が欠けた その5 鼻歌歯医者



b0068732_1749268.jpgキャサリンさん歯医者に行った話を書いているのを見て、わたしもリトルロックの歯医者を思い出した。そういえばendodontistに行って神経を抜いた話まで書いたけれど、ブログの中では治療が終わっていませんでしたね。

キャサリンさんの話では「亀」が登場していたけれど、わたしが行ったdentistもなにやらゆるーいムードが流れているところだった。キャサリン行きつけが「世間話歯医者」なら、うちのは「鼻歌歯医者」。いつもラジオからオールデイズが流れていて、おじさん先生は歯をガーッと削りながら、「マイ ガール、イッツオ~ケ~♪」。歌詞のわかるところだけ歌っている。衛生士の女性も一緒になってンーンーンー♪ 先生は自分にぴったりの人をよく雇用できたなと感心した。

別にリトルロックだからって、こんな歯医者ばかりではないんですよ。前述のendodontistは一切無駄口きかず。インテリアもシンプルでラジオ選局だって違った。スクラブ(日本で言えば手術着)だって当然のように無地。一方、dentistはいつも柄入りスクラブを着ていた。治療中は眼鏡を外すので、辺りがよく見えない。(眼鏡を外すと英語が聞き取りにくくなる、と感じるのはわたしだけ?) 先生、白い花びらみたいな模様の服を着ているなあ。いや、花びらというよりオバQのO次郎? 治療後眼鏡をかけてよく見たら、それは花びらではなくて歯だった。一面、歯のキャラがついたスクラブ。あのendodontistなら絶対着ない。

でもこのゆるさに救われたわたしなのであった。実はクラウンを入れる段になって、予約をすっぽかしてしまったのである。近年脳力が衰えているのか物忘れが激しいわたしは、自分がいつすっぽかすか常におそれていたのだが、やっぱりやってしまった。アメリカの歯医者によってはno-showの人からペナルティを取るところもあるという。でも、我がゆるゆる歯医者の受付嬢は、謝るわたしに対して「It happens(よくあることよ)」と言ってなぐさめてくれた。そして帰国1週間前にギリギリセーフでクラウンが入ったのである。

その1|その5

Washy


[PR]
by flyingshack | 2006-03-03 16:48 | サザンリビング(USA)
<< 富良野の居酒屋にて スキーウエアの自分史 >>