イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


スキーウエアの自分史



b0068732_8535621.jpg今年、わが家では十数年ぶりでスキーウエアを新調した。Docのは黒いボーダー風。わたしのは白い五輪代表風だ(テイストが似てると思ったらどっちもデサントだった)。今まで着たスキーウエアを思い返すとなかなか感慨深いものがある。

70年代は中学生時代。初めてのウエアは知らない誰かのおさがりだった。神奈川に住む家族にとっては、スキーに行けることだけで贅沢で、ウエアなんぞかまっている場合ではなかった。

80年代に入りダウンジャケットが流行。わざわざ新宿まで行き、親に買ってもらうも、男の子たちからは「ドテラ」と言われる。

87年「私をスキーに連れてって」が封切られ、サングラスにワンレンにピチピチパンツが流行った。その頃は北海道の女子大生だったけれど、登山用の赤ヤッケにニッカボッカ、クロスカントリースキーを履き、ゲレンデで異彩を放っていた。これがわたしの第一次「脱」スキーウエア時代。リフト代で精一杯で、原田知世のようになれなかったので、やけくそだったとも言える。

90年代前半、社会人になって数年、初めて自分でウエアを買う。バブリーな時代の産物は、みなさんご存じのハデハデ。光沢のある黄色地に多色花柄水玉模様で、さらに金色が散りばめてあり、フェイクファー付きフードまでついている、今から思えばすごいやつだった。捨てずに取ってあるのもなにやら恥ずかしい。やけに高くて上下で6万くらいした気が。今なら半額で揃いそう。

90年代後半、バブリーなウエアを持ってアメリカでスキーに行ったら、みんなスキー以外でも着られそうなアウトドアっぽい格好で滑っていた。それでいいんじゃん、というわけで第二次「脱」スキーウエア時代到来。以後、日本でも街着のダウンジャケットで滑っていた。


b0068732_8545586.jpg気合いを入れて買うときと、てきとうなものを着ているときが、なぜか交互にやってきている。どちらがスキーを楽しんでいたかというと、これがなんとも言えない。一度、ものすごく上手になって、服なんてどうでもいいのよ滑れれば、なんて言ってみたいものだ。


Washy


[PR]
by flyingshack | 2006-03-02 17:54 | ノーザンリビング(札幌)
<< 歯が欠けた その5 鼻歌歯医者 ドルチェな日曜日 >>