イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


NWスペシャル-シアトル- その3 シアトルののりもの



b0068732_13494417.jpg暴食行脚の話はさておき。きょうはシアトルの乗り物について。マキコさんのおすすめは水陸両用車Duckだったのだけれど、時間がなくて乗れなかった。そこで乗ったのがウオーターフロントを走るストリートカー。「鉄分」が少々入っているわたしとしては不覚にも、運賃やら何やらを全部忘れてしまった。唯一覚えているのは、東洋系のとぼけた車掌さんが乗っていたこと。人がよさそうな微笑みを浮かべ、訛った英語で淡々とウケない冗談を続ける。フレンドリーかと思えば、杓子定規に「ダメデスダメデス」言う。ハリウッド映画に出てくる「こんな東洋人いるかよー」ってキャラみたいだ。もしこのストリートカーがテロリストに乗っ取られたら、この車掌さんがパニックを起こしながらもヒーローを助け、お客を救ってくれるに違いない。






b0068732_1350010.jpgもうひとつの乗り物はフェリー。シアトル2日目はオリンピック国立公園方面へドライブした。シアトル北郊のEdmondsからオリンピック半島のKingstonまで、車ごと30分の船旅を楽しんだ。アメリカは日本よりも近距離のフェリーが発達している(残存している?)と思う。日本だったらとっくに橋がかかっているような場所に、フェリーが運航している。運賃は予想より高くて、車+ドライバー+同乗者1名で$16.70。テキサスじゃフェリーはタダだったけどなあ。

b0068732_1350131.jpgテキサス州ガルベストンのフェリーは、艦橋付き駐車場が海を走っているという感じだったが、こっちは形からしてちょっとは船っぽかった。船室も立派なのがある。冬が厳しい地方ならではだろう。しかし、この日は天気も穏やかで、多くの乗客がデッキに出ていた。わたしが船首にいると、地元のおじさんがこのあたりの海のことをいろいろ教えてくれた。親戚はシャチの研究者なんだそうだ。シャチのことをkiller whaleではなくorcaと呼ぶ人に初めて会った気がする。何やら聞き取れない固有名詞が何度も出てきたが、そのひとつは"Puget Sound(ピュジェット湾)"で、soundという言い方がニュージーランドのフィヨルドを思い出させた。なんだか北の海に来たなあという感じがした。 *この日の行動はその4に続く

その1|その3|その4  シアトル・アラスカ旅行行程表

Washy


[PR]
by flyingshack | 2006-02-22 10:23 | アメリカの旅
<< NWスペシャル-シアトル- そ... NWスペシャル-シアトル- そ... >>