イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


NWスペシャル-シアトル- その2 市場大好き  



シアトル襲撃に先立ち、マキコさんにメールでおすすめ観光スポットを聞いてみた。いただいたお返事がこれ。

> 半日ダウンタウン観光するなら・・・
>
> 1.パイクプレースマーケット(魚を投げるマーケットとして有名です)
> 2.スタバ一号店
> 3.ウォーターフロントをのんびり散策
> ウォーターフロントのフィッシュ&チップスバーでビールを飲むがお勧めです。
> 4.Ride the Duck(スペースニードルというタワーの前から出る水陸両用車でのツアー)
> 面白い解説付きで、ダウンタウン → ウォーターフロント → セーフコ球場 
>→ Lake Unionというルート。





b0068732_16103055.jpg「フィッシュ&チップスバーでビールを飲む」が織り込んであるところ、われわれのハートをぐっとつかんでいるマキコさんであった。ダウンタウンに着いたのが夕方4時だったので、全部は無理だけれどおすすめどおり回ろうとする。市場が大好きなわれわれは、まず1番のPike Place Marketへ(XXのトイレはここ)。この市場は空港で出会ったご婦人も一番に推薦していた。

b0068732_16104787.jpg中に入ると、魚のニオイがプーンとするかと思いきや、お花の香りでいっぱい。でももちろん海産物がないわけではなく、あちこちでふんだんに売られている。カニなどは日本まで送ってくれるそうな。函館朝市ですな。後でマキコさんに聞いたところ、カキだけでも数種類あるらしい。エビしか売っていないリトルロックの市場とは大違い(そもそもあちらはファーマーズマーケットだけど)。これなら買い物も楽しいだろうな。

b0068732_1611242.jpgと、人垣にぶつかった。のぞき込むと、なるほどこれが「魚を投げるマーケット」ね。お客様お買いあげのでっかい鮭を、人から人へぶん投げて、最後に箱詰めしていた。トム・クルーズの映画「カクテル」を思い出した。投げる人も投げられる鮭も丸々太っているのだけれど。

こう見てくるとやっぱりランチ(もうすぐ夜だけど)は、シーフードに決まっている。リトルロックでシーフードと言ったらまずキャットフィッシュ(ナマズ)なので、ちゃんと海に住んでいるシーフードを思いっきり食べたかった。市場の中には食事できる店も多く、映画「めぐり逢えたら(Sleepless in Seattle)」でトム・ハンクスが食事したAthenian Innなんて有名店もある。そこを横目に、すぐ隣のレストランLowell'sへ。バー、レストラン、カフェテリア(というか食堂)のフロアが選べたので、ウエイターのいないお気軽な食堂フロアに陣取った。それでも海の眺めは最高だし、フライは揚げたて。ビールだってちゃんとある。

b0068732_16112664.jpgわれわれが頼んだメニューは、クラムチャウダー。初めて食べるフライドクラムストリップ(fried clam strip)。これは何か知らずに頼んだのだけれど、実体は貝ヒモのフライで、衣が多くて思ったより貝の味がしなかった。ハムカツを思い出した。でも珍味みたいでビールに合う。もちろん完食。そしてやっぱり、フィッシュ&チップス。これが今まで食べたのと違い衣がパン粉で、まるで日本のお魚フライ。形も厚みがあり、外はカリカリ中はホクホクでうまかった。フィッシュ&チップスって、溶いた小麦粉の衣だと思っていたのですが、パン粉もありですかね。さて、この市場の食堂でたがが外れたわれわれ、アーカンソーでの「シーフード饑餓」を一気に癒そうとする暴食行脚が始まったのであった。  *この日の行動はその3に続く

その1|その2|その3  シアトル・アラスカ旅行行程表

Washy


[PR]
by flyingshack | 2006-02-21 03:44 | アメリカの旅
<< NWスペシャル-シアトル- そ... 超初心者による超初心者のための... >>