イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


Washy流 雪まつりの楽しみ方



b0068732_9461780.jpgきのうはChimayさんに雪まつりレポはないのかと突っ込まれましたが、実はちゃんと行ってます。スタレビミニライブの後、大通公園へ。根本要さんも雪まつりを見に行ったそうだ。そしてカメラを持った人に声をかけられ、撮られるのかと思ったら、シャッター押すの頼まれただけだった、とか。相変わらずの自虐ネタです。

b0068732_9463318.jpg閑話休題。ちゃんとレポしなくちゃ。雪まつりの見どころはいろいろあると思うが、札幌生活のべ十数年のわたしの見方はこんな感じです。先に言っておきますがかなり平凡です。まず大通公園会場に行く(他に2会場ある)。好みの大雪像のタイプは和もの。今年は法隆寺金堂がよかった。和ものは屋根瓦など細工の繊細さが楽しめる。自衛隊の休憩所に丸瓦の作り方の展示があって、隊員がひとつひとつ型抜きしているのに感心した。

b0068732_947739.jpg次に注目するのは、市民が作る小雪像。「キャラクターばっかで工夫がないよねー」と文句を言うのが毎年恒例になっている。かく言うわたくしも、大学生の時には「コタツネコ」「子泣き爺」などのキャラをDocらサークル仲間と制作していた。作っているところの写真が札幌市の広報誌に載ったのが青春の思い出だ。一生懸命作るだけで、毎年注目度は最低であった。ちなみに後輩たちは今年も雪像を作っていて、やっぱりキャラものだった。それもなぜか今「チョコボ」。チョコボに似た会員でもいるのではないか。相変わらず青年の主張なし。

b0068732_9472333.jpg今年の市民雪像の人気キャラは、レイザーラモンHG(在米の方知ってます? スコット・ホールじゃありませんよ)。像の前で「フォー」をして記念写真を撮る男の子たちが多かった。おじさんになってからアルバムを見たらなんじゃこりゃだぞ。HGをキャラ大賞とすれば、MFS(マイフェイバリットセツゾー)として選出したいのが、右の写真の大涅槃像。このネタがわかる人はかなりの北海道通だ。この像、なぜか不思議と記念撮影のバックに選ばれていた。

この他、自衛隊会場に行って、子どもをダシに氷の滑り台で遊び、監視している自衛隊員の男の子に話しかける、という楽しみ方もあったが、今年から自衛隊会場はなくなってしまいました。


Washy


[PR]
by flyingshack | 2006-02-09 09:12 | ノーザンリビング(札幌)
<< そば打ち in Sapporo... 要さんゴメンナサイ >>