イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


あこがれの川へ



猛暑の中、わざわざキャンプをしたのには訳がある。当初の目的は、実はカヤック&キャンプだった。つまりキャンプ道具を積んで川下りするのだ。幸か不幸か日本から折りたたみカヤックを持ってきてしまったので、帰る前にとにかくどこかへ行きたかった。

b0068732_15564154.jpgしかし、今年の夏は全米で雨不足のようで、Buffalo National Riverも例外ではなかった。6月に上流を偵察したとき教えてもらったカヌーツアーの店Buffalo River Outfittersに問い合わせた。カヌーができるのは6マイルの間だけだという。それだと半日で下れてしまって、途中でキャンプする間もない。しかたないので川下りの前に、盛大に焼肉キャンプでもするか、ということになった。

さて、カヤックで川を下るときには、いつも必ず「問題」がある。例えば車1台で行って出発地点に駐車するとしよう。川下りした後どうやって車まで戻るか、それが一大問題だ。カヌーツアーの店にシャトルサービスを頼むのも一手だが、今回はヒマそうなマッチ君を運転手に無理矢理スカウトした。さらに焼肉するならと、ナイト氏まで誘って車を出してもらった。2人もカヌーをレンタルして一緒に下ることになった。ナイト氏なんて誘ったのは前日の夜である。強引だ。

b0068732_1557576.jpg朝テントをたたんだ後、われわれ2人はカヤックの組み立て。マッチ君とナイト氏は車でカヌーを借りに行った。1日$40でカヌーを借りると一人$5でシャトルサービスが受けられる。このサービスがちょっと意表をつくもので一同、頭いいなあと感心した。「店」と「出発地点」と「到着地点」は全部バラバラの場所にある。みなさんだったらどうやってお客さんとカヌーを出発地点まで送って、どうやって到着地点からカヌーを回収するだろうか? もちろんお客さんは川下りした後、そこからちゃんと帰れなければならない。





この店の方法は、まずお客さんに自分の車を運転してもらって、「到着地点」まで一緒に行く。そこに車を停めて、シャトルで「出発地点」に行ってカヌーとお客さんを降ろす。お客さんは「到着地点」でカヌーを置いて自分の車で帰るのだ。この方法だと、店にとっては最初にお客さんを送ってしまえば、後はまとめてカヌーを回収しに行けばいいし、お客さんにとっては時間に拘束されず、好きなだけ川下りを楽しめるというわけ。カヌーが置きっぱなしになってしまうが、山奥なので誰も持って行ってしまう人なんていないのだろう。

頭がこんがらかるが、カヌーイスト、カヤッカーはいつもそんなことを考えながら川下りをしているわけだ。疑似体験いただけましたでしょうか。


Washy


[PR]
by flyingshack | 2005-08-20 14:12 | アメリカのアウトドア
<< とうとう 猛暑キャンプ >>