イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


猛暑キャンプ



b0068732_16204496.jpgこの期に及んで、またキャンプに行ってしまった。こんな猛暑の只中に行くなんて思いも寄らなかったが、1年生活してみて、アーカンソーの夏恐るるに足らず、と見切ったのである。ヒューストン近郊で6月にキャンプをしたときは悲惨だった。4時頃あまりの暑さで目が覚め、テントの外でゴロゴロしていたら蚊の餌食になった。テントに逃げ込むも、暑くてまた外へ。その繰り返しでちっとも眠れなかった。亜熱帯では夏にキャンプなんてするもんじゃないなと思った。

アーカンソー、特にオザーク、ウォシタ山地の夏はちょっと違う。アーカンソーはテキサスの隣の州ではあるが、ヒューストンとリトルロックでは緯度にして屋久島と大阪くらいの差がある。こちらでは昼間暑くても、夜になると15°C近く気温が下がる。湿度もだいぶ低そうだ。キャンプに行った土曜日も昼は100°F(38°C!)くらいあったが、夜は寝苦しくなかった。何もかけないで寝たナイト氏は寒くて目が覚め、しっかりかけて寝たマッチ君もその後風邪をひいたくらいである。

b0068732_16252622.jpg昼間の暑い時間はどうしのぐかというと、水遊びだ。今回行ったのはBuffalo National Riverの岸にあるTyler Bendキャンプ場。アーカンソーで何度かキャンプしてみて、川や湖で泳ぐのは当たり前に思えてきた。水は決してすごく澄んではいないが、鮎が釣れる京都の保津峡なんかよりずっとましだ。少なくとも匂わない。魚もたくさんいる。アーカンソーのガキどもは頭から潜ったり、水を口に入れて水鉄砲みたいに吹き出したり、平気でしている。日本のオジサンたち(失礼!)はさすがにアーカンサンにはなりきれず、温泉みたいに首までつかって涼んでいた。

b0068732_1622188.jpg晩のメニューは、炭火焼肉。Sam's Club(Sam's Orientalではありませんよ)でおいしそうな肉を見つけ、スライスして自家製たれに漬けて持って行った。flank steakという肉で、ともばらと言うようだ。塊の状態では薄べったく、筋膜が多くて変わっているけれど、実はカルビの近くの肉だそうで、柔らかくて美味だった。


この夜は、毎年流れ星がたくさん見られる「ペルセウス座流星群」に当たっていた。話をするうち、4人中3人が小学校の頃、雑誌「天文ガイド」を買ったことがあると判明。特にナイト氏は望遠鏡で星の写真を撮りまくり、部屋を片づけるお母さんに「点々の写真ばっかり…」とぼやかれた本格派であった。隣から聞こえてくる声もAmazing Graceの合唱を最後に静まり、ひっそりしたキャンプ場。双眼鏡でアンドロメダ大星雲や白鳥座の二重星を見た後、テントで眠りについた。


Washy


[PR]
by flyingshack | 2005-08-19 15:38 | アメリカのアウトドア
<< あこがれの川へ 抹茶フラペチーノの謎 >>