イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


MWスペシャル その15 ロックの殿堂なくして・・・



「で、クリーブランドのメイン観光はなんなの?」
これまでMWスペシャルを読んでくれた人はそう思ったに違いない。もう終わりかと思わせて、もったいぶってメインを出しますよ。

b0068732_937378.jpg誰もが一番に挙げる名所はやっぱりここ。ロックの殿堂Rock and Roll Hall of Fame and Museum。アメリカ人の好きな「ナントカの殿堂」のひとつだ。メンフィスやデトロイトなどのライバルを蹴散らし、クリーブランドにできたのには理由があるのだが、それがちょっと?なもの。50年代のある日、地元のラジオDJが世界で初めて「Rock and Roll」という言葉を使ったんだとか。ふーん。20年前、人口激減のクリーブランドはさぞや必死の誘致活動をしたのでしょうなあ。

b0068732_9372624.jpg冷めた見方はさておき、ロックの殿堂はダウンタウンとエリー湖の間という、なかなかナイスなロケーションにある。ダウンタウンに泊まれば歩いて来られそうだ。平日だったのでわれわれは路駐スペースを見つけてGO。面白いのかなあと半信半疑だったものの、入ってみたら2時間くらいじゃとても見きれない、というか聴ききれない。特に、タイムラインに沿ってロックの変遷が「聴ける」コーナーや、誰が誰に影響を受けているか「聴ける」コーナーなんかに、引っかかったらきりがない。この聴けるコーナーの一つで、メンフィスで会ったリトル・ハウリン・ウルフの育ての親、元祖ハウリン・ウルフに出逢った。彼はもちろんブルースの人なのだけれど、ロック誕生に影響を与えたミュージシャンとして「展示」されているのだ。あのへそ踊りおじさん、すごい人だったのねと再認識する。

もちろん目でも楽しめる展示がいっぱいだ。圧巻なのはステージ衣装。マドンナの衝撃的な円錐ブラ付きゴルチエのビスチェとか、ジャネット・ジャクソンがリズム・ネイションで着た黒いベルトだらけの服とか(例の事件のではありません)。ジミ・ヘンの衣装の保存状態がよくびっくりした一方、デュラン・デュランのフリフリレースがボロボロだった。そして、ベイ・シティ・ローラーズのチェックのジャンプスーツを発見して、うれしかったおばさんであった。


その14 | その15 | その16
Washy


[PR]
by flyingshack | 2005-07-21 05:53 | 中西部の旅
<< MWスペシャル その16 ガー... MWスペシャル その14 クリ... >>