イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


納涼企画? アーカンソーで一番高い滝


b0068732_1352712.jpgアーカンソーにはナショナルパークならぬ、ナショナルリバーというものがある。オザーク山地を流れるバッファロー・リバー(Buffalo River)がそれ。ダムのないいわゆる「手つかずの川」で、その上流はカヌーで有名だ。是非行ってみたかったのだけれど、ボヤボヤしているうちに春の増水期を過ぎてしまった。6月26日にPoncaというところに様子を見に行ったのだが、写真の通り、水位が緑よりずっと下になっている。たぶん緑はOK、黄色は注意なのだろう。そしてそれ以上は危険ということか。あんまり水が多くても、われわれのような初心者には到底無理なのだが、少なすぎてカヌーを漕ぐこと自体、明らかに不可能そうだった。Poncaにあるカヌーガイドの店Buffalo Outdoor Centerに行くと、適期は3月から5月で、下流の方なら年中できると言う。下流は下流にある店のシマらしく、そこを紹介してくれた。本当は下流情報の方が知りたかったんだけどな。

3時間もかけて行って、そのまま帰るのもアホくさいので、ついでにアーカンソーで一番高い滝を見に行くことにした。アーカンソー一というか、正確にはロッキー以東アパラチア以西で一番高いんだそうだ。滝までは車で行けない。トレイルを歩いて行く。よく調べないで30分くらいで行けるのかと思っていたら、片道4キロの山道が待っていた。時間はもう4時。日没前に余裕を持って戻ってこないといけないので、時間がない。

b0068732_1355154.jpgいきなり下りである。これは谷底に降りていくトレイルなのだ。帰りが登りだと思うと気が重い。日没が8時半なので、6時、いや5時半くらいまで降りたら、もう引き返さないとダメだろうなあと思いつつどんどん下る。蒸し暑いし、お気軽に来たわりにはこりゃ今までで一番ワイルドなコースじゃわい。途中コリアンのファミリーとすれ違う。アーカンソーじゃ山で人と会うだけでも珍しいのに、東洋人だ。アメリカにおける東洋人のアウトドア人口はとても少ないと思われるので、なんだかうれしくなる。サムズのサムさんに似たお父さんが、もう遅いから急いでね、水はあるかい? と気遣ってくれた。駐車場にあと1台車があったので、このトレイルに入っているのはもう1組だけだろう。もし捻挫でもして動けなくなったら、今晩は二人で野宿しかないなあ。

1時間くらい下って、川へ行く道との分岐に到達。ここから滝までは高低差がなく楽だった。しかし水音一つ聞こえてこないのはなんで? そのとき、はっと気づいた。さっき川の水が少ないのを見たばっかりじゃん。つまり滝にも水がないってことである。あちゃー。ここまで来て。滝に着いた。トレイルの最後は回廊になっており、行き止まりに首が痛くなるような壁がそそり立っていた。先に着いたDocが言った。「滝があるぞ~~。」 見ると、ほんの1メートル四方くらいに、土砂降り雨程度の水が落ちてきていた(よくよくみると写真下にも写っている。クリックで拡大します)。「おお~、滝だ滝だ。」 せっかくだから滝に打たれてきた。バカにしていたが、二人ともあっという間にずぶぬれになった。びちゃびちゃ好きのアメリカ人になった気分。でも偶然にも見かけた本物のアメリカ人たちは、このトレイルを海パン一丁で歩いていた模様。きっと水だけ持って、川まで泳ぎに行ったに違いない。



暑いので服もあっという間に乾き(と言うか常にじとじと)、帰りは意外と順調にはかどって、7時ごろトレイルヘッドに戻れた。でも滝にいた20分も含めて、ほとんど座って休んでいない。全く足が速いとは言えないし、運動不足ですぐ筋肉痛になるわれわれだが、体力温存しながら長く歩くのはまだできる? HPは少ないけどMPでカバーだよねー。帰りに近くのガソリンスタンドに寄ってアイスを買って、ベンチに座って食べた。なんだか部活の後みたいで懐かしかった。

ちなみにダニに食われたのはこのトレイルです。



Hemmed-In Hollow Trail (from Compton Trailhead)

Buffalo Outdoor Centerのページ






<トレイル概観>
往復5マイル(約8キロ)のHemmed-In Hollow Fallsまで降りるトレイル。Highway 43のComptonからダートに入り、サインに従ってCompton Trailheadまで行く。トレイルはアーカンソー的に言えばsteep(急)だが、日本の山登りを考えれば特に急でもなく、整備されているので、普通の体力があれば子ども連れでも行けると思う。しかし、周囲に人工物が何もなく、帰りが登りであり、他のハイカーも少ないことを考えると、油断は禁物。往復するだけでも4時間はかかると考えて、ランチとスナックと水をたっぷり持って行きましょう。途中何カ所か枝道もあるので注意。トレイルヘッドに水やトイレはないので、Highway 43のガソリンスタンド(ComptonのPonca寄りにある)などを利用するのが賢い。夏は暑いし滝もしょぼいしダニもいるので春行くのがいいかも。

(あくまで現時点での個人的感想ですので、行くときはご自身で安全を確認してくださいね)


Washy


[PR]
by flyingshack | 2005-07-02 15:10 | アメリカのアウトドア
<< 最近の我が家は MWスペシャル その12 イン... >>