イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


行き当たりばったりテネシー2泊3日 その4(最終回)

2月21日(月)


話は前の晩(20日)から。ジャックダニエル蒸溜所を出てから、約2時間。ようやく家を出たときの目的地、水族館のあるチャタヌガ(Chattanooga)に着いた。なんと、チャタヌガはイースタン・タイムゾーンに属する(同じテネシー州のナッシュビルはセントラル・タイムゾーン)。夜8時にホテルに着いたと思ったら、実はもう9時だった。慌てて近くに夕食を食べに出かける。慌てたわりには、当たりなレストランに入れた。J Alexander'sという東海岸・西海岸「以外」にある小洒落たチェーンだが、アーカンソーにはない(やっぱり)。

翌21日朝、待望の水族館に行くべくダウンタウンへ。しかし! Washyは地図を見ながら気になるものを見つけてしまった。「チャタヌガチューチュー(Chattanooga Choo-Choo)」である。チューチュートレインといえばZooと言う、あなたは立派な普通の中年(とその予備軍)。チューチューといえばチャタヌガ、と来るのはお年寄りと一部の音楽マニア。そう、「チャタヌガチューチュー」はグレン・ミラーの名曲(試聴できます)である。細野晴臣や小野リサなんかもカバーしているので、一部では有名にちがいない。その「チャタヌガチューチュー」がダウンタウンにある? これは鉄道マニアとしては寄らねばなるまい。



b0068732_1028506.jpgおお、あったあった。大きな汽車の看板があるビルに車を乗り入れたら、そこはホリデイインだった。え、まちがい? いやまちがいではなく、昔の駅舎が改造されホテルになっていたのである。ホームには寝台車がずらっと並んでいて、そこにも泊まれるのであった。なんだ~、知ってたらここに泊まったのになあ。残念。ホームの一角に機関車(チャタヌガチューチュー)が置いてあって、老若男女が代わる代わる記念撮影していた。特にマニアのメッカというわけではないらしい。少し歴史的なことを書くと、1880年に運行開始されたシンシナチ発チャタヌガ行きの列車が、チャタヌガチューチューと呼ばれていたんだとか。北部と南部をつなぐ初めての公共交通機関だったそうだ。それまでは人の行き来が少なかったのかな? グレン・ミラーの曲になったのは1940年代。

b0068732_10295583.jpgその場で小一時間もウロウロして、やっと水族館へ移動した。Washyの気まぐれにつきあうDocは、実に辛抱強い男なのであった。さて、テネシー水族館(Tennessee Aquarium)だ。全米最大級の淡水水族館で…詳しい内容はこちらのサイトをご覧ください。(あっさり!)

b0068732_10301865.jpg午後からは鉄道マニア路線まっしぐら。世界一(?)の勾配を登る登山電車(Lookout Mountain Incline Railway)に乗りに行った。普通はそれに乗って景色を「見に行く」のであろうが、うちはあくまで「乗りに行く」のである。ちょっと見比べてください。下の駅で撮った写真と坂の途中で撮った写真。最初はふんぞり返って座席に座る状態なのに、最後には前のめりになるのだ。


b0068732_10341818.jpgb0068732_10335838.jpg

この日はずっとひどい雨だったが、電車で往復している間だけ運良く晴れて、チャタヌガのまちを見渡すことができた。以前は重工業都市で、全米一汚い町とまで言われていたこともあるそうだ。80年代に一念発起して、今は環境に配慮する町として表彰されたりしている。水族館などテネシー川のウオーターフロント再開発や無料電気バスの運行などは、まちづくりの一環らしい。へえ。またひとつ、来たことのあるおもしろいまちが増えた。

チャタヌガを出て帰路につくとすぐ、セントラル・タイムゾーンに入り、時計が1時間戻った。なんか得した感じ。もうかった時間で再びジャックダニエルに戻ろうとしている我々なのであった。テネシー2泊3日のレポートはここで終わるとする。なんでジャックダニエルに戻ったのか、知らない方はDoc房を覗いてみてくださいね。



その1 | その2 | その3 | その4


Day 3 (時間はすべてセントラルタイムです)
Chattanooga(La Quinta)9:00---9:15Chattanooga Choo-Choo10:00---10:10Tennessee Aquarium11:40---12:00Incline Railway(Lookout Mountain)13:20---15:15Jack Daniel Distillery16:00---(supper 30min.)---23:00Little Rock


投票はここです(Washy)


[PR]
by flyingshack | 2005-04-01 10:15 | アメリカの旅
<< 春休みご近所ハイキング&ピクニック アーカンソー最大のオフ会? >>