イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


遙かなるTennessee Whiskey その1


突然ですが、クイズです。○×で答えてください。
1)バーボン・ウイスキーはケンタッキー州で作られなければならない。
2)ジャック・ダニエルはバーボンと同じ物だがケンタッキーで作られていないので、
  しかたなくテネシー・ウイスキーと名乗っている。
3)ジャック・ダニエル蒸溜所の見学ツアーの最後にはシングルバレルの試飲ができる。



旅先で地のワインやビール、その土地特産のアルコール飲料を試してみるのは、旅行の醍醐味だ。「ワイナリーめぐり」や「酒蔵訪問」が旅程の一部をしっかり占めることもある。もちろん見学後の試飲や"土産"選びは必須である。断っておくがDocはアル中ではない。その証拠にリステリンは決して飲まない

洋の東西、アルコール度数を問わず、大概の酒を口にするが、大学生の頃から変わらずお気に入りなのはバーボンだ。そんな、ちょっとは酒にうるさいと自負するDocがジャック・ダニエル蒸溜所を訪れるまで、上記はすべて○だと思っていた。

・原料となる穀物の51%以上がトウモロコシであること。
・160プルーフ(日本の度数80度)以下で蒸溜すること。
・内側を焦がしたホワイト・オーク材の新樽で、125プルーフ(62.5度)以下で熟成させること。
・水以外を加えず80プルーフ(40度)以上で瓶詰めすること。

以上が、米国連邦アルコール法で規定されたバーボン・ウイスキーの定義である。

バーボンの中でも特に「ケンタッキー州で」、「最低2年間熟成させた物」はケンタッキー・ストレート・バーボン、また、「テネシー州で」、「蒸溜した原酒をテネシー州産のサトウカエデを燃やしてできた木炭でろ過し、樽熟成した物」はテネシー・ウイスキーと名乗ることができるのだ。

つまり、アメリカン・ウイスキーにおけるバーボンの中には、ケンタッキー、テネシー、その他の州産の大きく3つのカテゴリーがある訳ね。この時点で 1) の答は×。

蘊蓄オヤヂ、まだまだ勉強が足りないようだ。

続きはまた今度ってことで。

その1|その2その3その4Washyのジャック・ダニエル訪問記

押してね♪ (Doc)

[PR]
by flyingshack | 2005-03-16 16:20 | Doc房
<< 遙かなるTennessee W... 行き当たりばったりテネシー2泊... >>