イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


行き当たりばったりテネシー2泊3日 その2


2月20日(日) 午前 

わたしは野菜が好きだ。それからバードウォッチングも好き。ハエが家にいたら捕まえて外へ逃がす。しかし「ベジタリアン」に近いかというと、そんなことはない。Whole Foodsのある都会に暮らし、健康と環境のために火を通さないラザニアを食べ、毎日運動も欠かさない。そういう人よりも、どっちかといえば「ハンター」の方に近いかもしれない。

自分で撃ちはしないが、知り合いが鹿を撃ったと言えば、よろこんで肉をもらう。焼いた鹿肉をダイエットなど気にせず食べ、ワインなど飲んだ上に、食後には強いお酒で酔っぱらう。アウトドア以外特に運動はしない。ついでに着る服はL.L.Bean(←これ持ってるけどハンティングブーツ)。無理矢理選ぶとしたら、みなさんはどっちのタイプ? そしてどちらが、アメリカ人のイメージだろうか?

b0068732_6261684.jpgテネシー2日目は、ハンタータイプの人が喜びそうなところばかりに行った。まず、Oprylandの中にある巨大なショッピングモールOpry Millsへ。Saks Fifth Avenueのアウトレットなんかもあるが、そんなところには目もくれず、向かった先はGibson Bluegrass Showcase。円いのはバンジョー、ミジンコみたいのはマンドリン、焼肉コンロ付きみたいのがリゾネーターギター(前日コリフー食べ過ぎ)と、珍しい楽器が並んでいる。楽器工房ものぞき見できる。ブルーグラスって大学の新歓の時期に、サークルの勧誘で弾いてる人がいたなあ。馬の落とし物を避けながら芝生に座るようなキャンパスにはとても似合っていた。それにしてもナッシュビルってすごい。おっさんたちが売り物のギターをさくっと取り上げては、立ったままでクラプトンなどをベラベラ弾いている。最初店員かと思ったら、みんなお客さんだった。

b0068732_6264948.jpg次に覗いてみたのはBass Pro Shops Outdoor World。ここはまさにハンター天国。ハンティング用品なら、大はボートから小は弾までなんでも揃う。壁にはもちろん、鹿の頭がいっぱいだ! ここで、来る途中のハイウェー沿いにあった巨大工場が、弾工場であることを確認する。Remingtonという老舗だ。アーカンソーの雇用と税収に大変貢献していそうである。

我々がOpry Millsで買った物は、Gibsonのピンバッジ、ハミングバードフィーダー、John Deereのトラクターがついたシーリングファン用鎖(引っ張るヤツ)。自分たち用には変な物ばかり買っている。Luca'sのキャサリンさんにプードルの写真立ても買ったけど。Opry Millsには普通の店もいっぱいありますよ。念のため。

午後からは、Jack Danielの蒸溜所に向かった。


その1 | その2 | その3


押してくれい(Washy)

[PR]
by flyingshack | 2005-03-08 15:56 | アメリカの旅
<< 歯が欠けた その1 アメリカで... 山の教会の水仙まつり >>