イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


山の教会の水仙まつり


b0068732_1647193.jpg木曜日アメリカ人の知り合いの家におじゃましたら、花壇のラッパ水仙が見事に咲いていた。「きれいですねー」と感心したら、近郊のWye Mountain(ワイ・マウンテン)でDaffodil Festival(水仙まつり)があると教えてくれた。野原一面の水仙が見られるのだと言う。それはぜひとも行かねば。

車でWyeに近づくと、迷う間もなく、黄色が目に飛び込んできた。それからたくさんの路上駐車。茶色い石造りの小さな教会Wye United Methodist Churchがあり、そこから見渡せる野原に水仙がいっぱいだった。それからダウンタウンでも見かけないほどの人の数! と言っても富良野のラベンダー畑に比べたら少ないもんですが。

おまつりと言ったって、歌謡ステージやカラオケ大会があるわけではない。なにしろ教会主催なのだ。牧師さんにお給料を払えないほどの貧乏教会が、お金を集めるために花を植えたのが、水仙畑のはじまりなんだとか。80年以上前の話だ。長い間、寄付と引き替えに花を摘んでもらっていたが、評判を聞いた人々が年々大勢来てくれるようになり、ある年ついに、たった一日で花が一輪もなくなってしまった。翌日やってきたお客さんはがっかり。町の人は相談して、翌年から「見るだけ」にした。見るだけで寄付が集まるものかと反対した人も多かったのだが、神様はちゃんとよくしてくれて、花は3週間長持ちし、利益は3倍になったのだそう。いい話ですね。

今では花摘み($1)も復活、手作りのパンフレットやカード、風船が売られ、BBQサンドイッチやドリンクの出店もある。パビリオン(本当は納屋?)も建てられ、中でおばあちゃんたちが煙草をふかしながらクラフトを売っている。薄利だが、売り上げでフルタイムの牧師さんを雇えるというんだから、たいしたものだ。

それと感心したのは、会場内にロープの類がないこと。摘んでもいいエリアだけがロープで囲ってあるが、後は特に決まった通路もなく、水仙の株の間を自由に歩き回れる。妖精のような子どもたちが走り回ったり、かくれんぼしたりしていた。赤ちゃんを乗せたストローラーでガシガシ通っている人もいたが、来場者数自体少ないので問題なさそう。日本でこれをやったらどうなってしまうんだろう? それはともかく、花の間に座ったり寝っ転がったりして、どの家族も夢中になって記念写真を撮りまくっていた。ぜひカメラを持ってお出かけください。


Wye Mountain Daffodil Festival 2005(website)

Date:3/5&6, 12&13 (毎年変わる。開花に合わせ、2週間前に日程が発表される。)
Location:Wye United Methodist Church(Little RockからState10(Cantrell)を西へ。Lake Maumelleを過ぎてから、State113に右折して6マイル。所要時間30~40分。)


押してくれい(Washy)

[PR]
by flyingshack | 2005-03-06 16:45 | アーカンソーの旅
<< 行き当たりばったりテネシー2泊... 日本のコンピューターをアメリカ... >>