イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


小さな親切


b0068732_9321045.jpgコンピューターを修理に出した話を、Washyが書いたけど、若干のおまけをつけたしておく。アメリカの正しい消費行動というエントリーにある通り、Office Depotにホワイトボードを返品に行くことになっていたのだが、そこでのお話。

Washyが、返品している間、僕Docはダンボール箱を探していた。大きすぎたり、小さすぎたり、余計な大きな穴が開いていたり、なかなか手ごろな箱が意外とない。そこに店のお兄ちゃんが、いつものように ”(Do you ) find everything all right?” (としか僕には聞こえないのだが)と近づいてきた。普段だと、説明するのが面倒なんで、「いやっ結構」とそっけなく突っぱねる僕だったが、このときばかりは、事情を説明するしかなかった。なぜなら、そのときの僕の格好はというと、ラップトップをプチプチの梱包材(日本のとは違って、ひとつのプチプチの直径は3cmくらいありそうだ)で包んだものと、予備のプチプチを詰め込んだ大きめの手提げ袋をもってウロウロしてたので、どう考えても「お前怪しいぞ!」風に見えるだろうと思ったからである。コンピューターを修理に出すための箱を探している旨をつたない英語で説明すると、お兄ちゃんは、こっちに来て、、、と案内してくれた。「これはどう?」。。。なんて「売り物の箱」ではなく、「商品が入っていた空き箱」を差し出すんで、「う~ん、幅がちょっとね。。。」といったやり取りがしばらく続いた。そしたらお兄ちゃんは、おもむろに商品が入っている箱のテープをカッターで切って、中身を出し「こいつならどうだい?」って、それが割とよさそうな大きさだった。スラッとして清潔そうな白人の兄ちゃんが、ちょっとはにかんだように「よかった、よかった」って、ニッコリしてるので、「ただでもらっていいの?」と一応確認した。

かくして、ホワイトボードを返品した上に、ただで箱をゲットして、Office Depotを後にした。まあ、考えてみりゃ、日本ならスーパーとかコンビニとかに行って「空き箱くださ~い」なんて頼めば、いくらでもくれるだろうし、アメリカだって同じ(だろう)と思うんですが、このときの店員の対応は非常に好感がもてた。Office Depotエライ! 何も買わなかったかわりに宣伝だけはしておく。

ところで、かのプチプチ梱包材も、研究室に送られてきた機械を包んであった物の再利用、いわばゴミ。結局、梱包には費用はかからずにすんだわけだ。

というわけで、東芝のコンピューターを送るのに、SHARPの箱なのです。。。という落ちでした。

ささいなことでも幸せな気分を味わえるものですね。

reported by Doc

押してね♪ (Doc)

[PR]
by flyingshack | 2005-02-17 08:48 | サザンリビング(USA)
<< 50 State Quarte... 日本のコンピューターをアメリカ... >>