イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


アーカンソーで白頭鷲、越冬中


b0068732_9202874.jpg土曜に引き続き、日曜もまたまたPetit Jean State Parkに行ってしまった。この2日間は、Eagle Awareness Weekendという年に一度の恒例イベント。猛禽類にテーマを絞ったバードウオッチングのプログラムが、終日行われていたのである。

日曜に参加したのは、Holla Bend Car Caravan。レンジャーの車を先頭に、マイカーでぞろぞろ走り、鳥を見つけては車を停めて見るという、アメリカっぽいスタイルの探鳥会だ。お目当ては、国鳥、Bald Eagle(白頭鷲)である。

車で移動とはいえ気温は氷点下。なんでまた、この寒いのに今時期やるのかというと、Bald Eagleは夏にはいないからだ。アーカンソーには越冬のため来ている。ちょっと意外だったが、移動するのはa few statesだそうで、そんなに長距離ではない。アメリカで唯一の魚を捕るeagleなので、凍っていない水面が必要なんだとか。

さて、車の隊列は、公園から十数マイルほど離れたHolla Bend National Wildlife Refugeに到着。普通は入場料が要るが、キャラバン隊はフリーパスだ。やった。川沿いを走り始めてすぐ、レンジャーが車から降りてきた。双眼鏡で川の向こうを見ている。おー、いたいた。ぱっと見、木に引っかかっている枯葉の塊っぽいが、でかいし、よく見ると頭が白い。つがいのBald Eagleが木に留まっているのであった。さすがレンジャー、よく見つけるなあ。川沿いにもう一つがいを発見し、隊列は畑へ。

ここでまたまた停車。車を降りる間もなく、前方を数羽の猛禽が飛び交っているのが見えた。小鳥の大群を狙うNorthern Harrier(ハイイロチュウヒ)を、Bald Eagleが追い払っていた。Bald Eagleは3羽。美しい成鳥1羽と、まだら模様の幼鳥2羽である。さすが、カラスとトンビの空中戦より絵になるなあ。

今回1時間ほどで見たBald Eagleはこの7羽。10羽くらい見られることも、そう珍しくないとか。でもレンジャーさんがいなかったら、見つけられたかどうか。実際、キャラバンが終わった後も居残ってBald Eagleを見ていたWashyたちの車を、ただ通り過ぎて行った車が多数いた。おおい、Bald Eagleがいるぞ~。見ていかないの~? 彼らはこのだだっ広い川と畑しかない土地に、何しに来たんだろう??

最後にレンジャーさんが言っていたBald Eagleを見つけるコツをまとめておく。
1) 川のそばを探せ(魚を狙っている)
2) 枯れ木のてっぺんを探せ(見張りをしている)
3) 午前中の方が活動的
4) 滑空すると正面から見て両翼がほぼ一文字。(ハゲワシはV字でフラフラしている)
5) 開けたところでよく見かけるNorthern Harrierは、小さくて尾羽が長い





Holla Bend Car Caravan
Location: Mather Lodge

Join park interpreters for a birdwatching adventure at Holla Bend, a National Wildlife Refuge located just west of Petit Jean. We will search for wintering bald eagles, but you can also expect to see many different waterfowl and other raptors. The regular entrance fee to the refuge will be waived for those in the caravan. It is recommended that you bring warm clothing, binoculars and a camera, and to allow two hours for this fantastic guided tour. (Petit Jean State ParkのHPから引用)
[PR]
by flyingshack | 2005-01-19 06:20 | アメリカのアウトドア
<< 三日月湖に囲まれた野生動物の保護区 森でウロウロ、フクロウさぐろう!! >>