イタリア話を書き始めてしまいました。アーカンソーネタに戻るときはあるんでしょうか?
by flyingshack
カテゴリ
玄関(各部屋のご案内)
小屋管の自己紹介
掲示板
=========
ノーザンリビング(札幌)
サザンリビング(USA)
食卓
そば打ち部屋
こども部屋
Doc房
==========
アーカンソーの旅
中西部の旅
アメリカの旅
北海道の旅
日本の旅
イタリアの旅
===========
アメリカのアウトドア
日本のアウトドア
リンク集
こちらからどうぞ


----NEWS----


Flying Shackに「離れ」ができました。ヤドカリをクリックして覗いてみてください。

-------------



このボタンを押すと、人気ブログランキングに投票されます。
最新のトラックバック
すすきのへ・・・
from 出張日記~すすきの~
日帰り情報
from わくわく♪日帰り旅行
スターバックス タンブラ..
from スターバックス タンブラーに..
夜行バス 網走
from 夜行バス 網走
エスペランサ
from エスペランサ
英会話独学術1 イディオ..
from 英会話を独学術で学ぼう!
タグ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

AX
アクセス解析


森でウロウロ、フクロウさぐろう!!


b0068732_3574669.jpgLittle Rock ZooのBarn Owl。
(イベントで呼んだフクロウとは別)
タイトルはhip-hopとは関係ありません。"Owl Prowl(フクロウさぐろう)"というイベントに行って来た。

場所はこのブログではおなじみのPetit Jean State Park。土曜日の夜7時前、Mather Lodgeのロビーで待っていると、わらわらと厚着の人たちが集まって来た。みな懐中電灯を持っている。全部で30人くらいか? 日本野鳥の会会員ではないので、思わず数えたりはしなかった。

中心で説明を始めたのは、若い女性レンジャー。大晦日のディナーのとき、制服でホステス(案内係)をやっていた女の子だ。今日はレンジャーらしい仕事である。今日呼ぶフクロウは、Screech OwlBoreal Owlで、ちっこい奴ららしい。とてもラッキーなら見ることができるそうな。少し歩いて呼ぶ場所に着いたら、懐中電灯を消し、なるべく静かにして、フクロウが来ても照らさないように、という注意を受ける。そりゃ30人でいっせいに照らしたら、逃げたくなるだろう。レンジャーが照らすときは、留まっている枝の下に光を当てるので、少し上を見るようにとのこと。

説明の後、さっそく移動。3分くらいで早くも目的地に着いて、レンジャーがフクロウを呼び始めた。どうやって? それは行ってのお楽しみ。別にたいしたことじゃないが。

結論を言うと、フクロウは来なかった。でも声だけは聞こえた。一羽のScreech Owlがこちらの呼ぶ声に応えて、遠くから鳴いていたのだ。月明かりに照らされた森の中に座って、じっと耳を澄ますなんて、なかなかできない体験である。

このプログラムは夏の間、月一ペースでやっているんだとか(もしわたしの耳が正しければ)。順調ならLittle Rockから1時間半かからない公園なので、できたらまた行ってみたい。

Petit Jean State Parkのイベント(official site)





Owl Prowl
Location: Mather Lodge

Owls are some of our most misunderstood and fascinating birds. Meet Park Interpreter Lori in the lobby of Mather Lodge to discuss some of our more common Arkansas owls. We will then take a short hike to try and call some of these elusive creatures of the night. The hike is easy, but you should bundle up and bring along a flashlight for this hour-long nighttime walk. (Petit Jean State ParkのHPから引用)
[PR]
by flyingshack | 2005-01-19 03:11 | アメリカのアウトドア
<< アーカンソーで白頭鷲、越冬中 飛び出し注意! >>